呪術廻戦最新話146話感想考察!死滅回游の説明回!新キャラ高羽の術式はナナミンの!?

呪術廻戦最新話146話感想考察!死滅回游の説明回!新キャラ高羽の術式はナナミンの!?

呪術廻戦最新話146話ネタバレ感想!

 

あまりにも情報量が多すぎた前回の145話でしたが、今回の146話も負けないくらいに情報盛り沢山でしたね!

とりあえずはふわっとしていた「死滅回游」のルールについて色々と語られたのは良かったです。

次にやるべき事もハッキリしてきましたしここからどんどん面白くなっていきそうですね!

 

呪術廻戦最新話146話「死滅回游について」

 

全国の10の結界

 

天使と呼ばれる術師であれば、獄門疆「裏」を開けて五条を救う事が出来るかもしれない。

それだけに当然そいつがどこにいるかを尋ねる事になるも、天元にも東京の東側の結界の中だという事しかわかっていない状態

回游の結界は天元を拒絶しているという事でそれ以上はわからないようです。

 

そもそも死滅回游の結界は全国に10箇所あるようで、青森から鹿児島まで日本列島を縦断するような形で点在しています。

北海道が含まれていないのは呪術連の結界と関係があるようで、既に巨大な霊場として慣らしは済んでいるとの事。

この10箇所の結界が日本の人間を彼岸へと渡す境界を結ぶ結界と繋がっていて、結局はこれを利用して日本国民全員に呪いをかけて同化の前準備をしているという事のようです。

 

うーん、前回に続いて中々難しいですよね・・。

 

術式の剥奪=死

 

儀式が終わるまでの時間は天元によれば2ヶ月程度なのだそう。

そこで改めて一項はルールについて一つ一つ確認していく事に。

まずは第1のルールである「術式覚醒後19日以内に任意の結界で死滅回游への参加を宣誓しなければならない」について

 

渋谷事変が終わってどのくらい時間が経過していたのか判明していませんでしたが、どうやら既に11月9日になっていたようです。

泳者の術師が覚醒したのが10月31日の24時頃という事で、津美紀が参加するまでの猶予は10日とちょっとしか残っていませんでした。

 

そして第2のルールが「参加を宣誓しなかった泳者からは術式を剥奪する」というもの。

ここで久しぶりに描かれた家入さんがこの部分について解説してくれます。

 

このルールは後追いで参加する術師にも適用されるという事で、つまり剥奪は無為転変で行われる訳ではない。

使用禁止ではなく剥奪だから縛りという訳でもない。

 

そうなってくると脳に無理矢理何かしら作用してくるという事であり、ルール的にも剥奪=死

そうでもなければ皆参加を拒否するだろうと家入は考えていました。

 

ちなみにこの場面は安全な場所にいる家入さんに話を聞いていたという感じで描かれていますが、そこにひっそりと伊地知さんも描かれていてちょっとホッとしましたね

それでいてこんな状況でもタバコ吸って余裕そうな家入さんも流石でした

まあ完全に禁煙は止めたのでしょうが。

 

天与呪縛の真希や、術式を持っていない術師はノーリスク

呪骸であるパンダがどうなるのかという所を真希は気にしていました。

なのでこの部分で真希が有利になっていくような可能性もあるのかもしれませんね。

 

細かいルール諸々

 

第3のルールは「非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり参加を宣誓したものとする」というもの。

当然最初から結界の中にいた一般人はどうなるのかという疑問が生まれますが、天元によれば一度は外に出す機会を与えられるとの事。

 

ルールには結界の出入りに関する項目がなく、それは泳者に結界から出るという明確な目的を与えて回游を活性化させる事が狙い

泳者を閉じ込めるには泳者が「自ら望んで入った」という前提が必要なようで、それが以前猪野が語っていた結界の足し引きのようです。

 

第4と第5のルールは「泳者は他の泳者の生命を絶つ事で点を得て、術師が5点で非術師が1点」というもの。

点とは管理者によって泳者に懸けられた価値であり、各泳者にはそれぞれ1体ずつ「コガネ」と呼ばれる式神が憑き、そいつが管理者の役割をしてくれるのだそう。

とはいえ「コガネ」自体もあくまで窓口であり管理者ではなく、管理者は死滅回游のプログラムそのものなのだとか。

 

第6のルールは「集めた100得点を消費する事で管理者と交渉し、死滅回游にルールを一つ追加出来る」というもの。

これが勝負の鍵を握っていそうではあるものの、当然既にあるルールを消すのは難しそう。

とはいえ遠回しに否定していく事は出来るのかもと伏黒は考えていました。

 

第7のルールは「管理者は第6でのルール追加は基本的に認めないとならない」というもの。

正直判断の基準が管理者側過ぎて信用できない所でしたが、天元によればある程度は公平な判断が見込めるとの事。

そもそも泳者に沢山のルールを強いている以上、呪術的に考えればこれ以上羂索に利益が偏る事はないだろうと。

 

第8のルールは「参加もしくは点を取得後、19日以内に得点の変動がない場合は術式を剥奪する」というもの。

停滞を許さないこのルールがある以上、また人を殺さなければならないのかと顔を曇らせる虎杖。

しかしそれについて伏黒にはいくつか考えがあるとの事。

 

ここまでの解説で気になっていた部分はかなり分かってきましたよね。

とはいえまだまだ不確定な部分が多いですし、断言出来ない以上は怖いルールだと思ってしまいますが。

 

それぞれの役割

 

情報をある程度整理出来たという事で、今後のそれぞれの役割についてハッキリさせていく事に。

 

九十九と脹相は前回の時点で決まっていたようにこの場に残って天元の護衛

それに対して真希は禪院家に戻って呪具を回収しようとしていました。

 

五条が封印された事によって、高専の忌庫の呪具は加茂家と禪院家が持ち出してしまいスッカラカン状態

しかし伏黒が禪院家の当主となった事で、真希からすれば禪院家の忌庫からは漁り放題になり好き放題持ち出せる状態となっていた訳ですね。

ってか五条封印のタイミングで動き出す加茂家も禪院家もマジで最悪ですわ。

 

そしてそれにプラスして天元に語りかけた真希。

しかし天元は全てを悟っているかのように「組屋鞣造の工房(アトリエ)だろう?」と返すのでした。

 

組屋鞣造と言えば交流会で乱入してきた謎の呪詛師

ハンガーラックと連呼していたただの危ない奴だと思っていましたが、まさかここで名前が出てくるとは思いませんでしたね。

ここにも何かしら凄い呪具が眠ってたりするんでしょうか?

 

真希は呪具の回収などを済ましたらパンダを捜して死滅回游の平定に協力するとの事。

それに対して乙骨は早速結界に入って回游に参加する意向

 

皆が回游に参加する前に少しでも情報を集めたいというスタンス。

それに加えて、身内同士で潰し合うことのないように近場の結界は避けるという乙骨。

イメージ映像的には東北方面に向かう感じのようですね。

 

しかしそれは結局乙骨が再び単独行動を取るという事。

もしも自分がまた宿儺と変わってしまったら自分を殺してくれと虎杖が乙骨にお願いしていただけに、虎杖も乙骨もちょっとだけ躊躇する事に。

乙骨が虎杖の近くにいた方が伏黒は安全だけど、戦力的には乙骨は単独で動いた方が効率が良いのだと。

 

が、悩む二人に対して至って普通に大丈夫だと言い切る伏黒。

 

大丈夫だ。そん時は俺が死んだ後しっかり殺してもらえ

 

という元も子もない発言をしてくれます。

そうならないようにと虎杖は考えている訳ですが伏黒はもう完全に覚悟を決めているのでしょうね。

二人は共に罪を共有しているようでもありますので、一蓮托生だと思っているのかもしれません。

 

秤金次の実力はやっぱり乙骨級??

 

皆の行動が決まっていき、虎杖と伏黒はどう動いていくのか?

それに対して真希は、予定通り「金次」の所に行けと指示します

 

秤金次は停学中の高専3年生

とはいえ今は手が足りないという事で、何が何でも駆り出せと真希は命じてきます。

 

気になるのは当然秤の強さですが、その質問には乙骨がまさかの返答をしてくれる事に。

 

ムラッ気があるけど、ノッてる時は僕より強いよ

 

と、中々驚きの発言をしてくれますが、真希は即座に「それはナイ」と言っているので実際どんなもんなのかはわかりませんね。

しかしこれで余計に秤への期待値が上がってしまいました

 

以前に描かれていた後ろ姿とはまた違った姿が描かれていて、若干マイナーチェンジしたのかなぁと思ったり。

 

脹相お兄ちゃんの涙

 

それぞれがやるべき事を確認し、天元の元を去っていく4人。

しかしそこで少しだけバツが悪そうな表情になった虎杖は後ろを振り返って気持ちを伝えます。

 

脹相!!ありがとう、助かった

 

そんな虎杖に対して即座に「死ぬなよ」とお兄ちゃんらしく頼りがいのある台詞で返す脹相

しかし手を挙げて去っていく虎杖の後ろ姿に感極まってしまったのか涙し、九十九からは「泣いてんの?」と茶化されてしまうのでした。

 

うーん、正直まだまだ脹相お兄ちゃんの活躍を見ていたいですよねww

あまりにも良いキャラクターになりすぎましたね。

 

大阪の泳者が持つ力はまさかの??

 

虎杖達が動き出した所で舞台は突如として別な場所へと移っていきます。

その場所とは何故かお笑いの劇場のような場所

観客の姿もあり平和そうですし、やっぱりここは大阪とかなのかな?

 

その劇場の舞台にいたのは、高羽と呼ばれる冴えないお笑い芸人さん

ややウケでネタが終わったのか落ち込んでいる彼に対して、先輩芸人さんはめちゃめちゃキツく当たります。

 

この業界は遅咲きの奴がよくわからないきっかけで急に売れる事もある。

しかしそいつらは急に面白くなった訳ではなく、元々面白かったけど埋もれていただけ。

高羽はそうではないと一蹴する先輩芸人さんは、東京があんな事になっている事もあり、自分に出来る向いている事をしろと言い残して去っていくのでした。

 

この辺りはリアルなお笑いの世界の残酷な部分という感じですよね。

しかしそれに対してもう一人の先輩芸人さん(ケンコバさん似)は高羽のネタを嫌いじゃなかったと言ってくれます。

先程の先輩芸人は勘違いをしていて、面白くなくても売れる奴は売れるのだと。

 

ずっと売れ続ける奴には2種類いて、ずっとおもろい奴とずっと自分の事をおもろいと勘違い出来る奴なのだそう。

そんな考えを持ったケンコバさん似の芸人さんは、高羽に対してオマエはどっちやと語りかけるのでした。

 

死滅回游の泳者であった「高羽史彦」はケンコバ似の先輩芸人の質問に対して意味深な言葉をつぶやきます。

 

五分だ五分だと言うけれど・・・本当は七三くらいが・・・・

 

と。

 

どうしても「七三」と聞いてしまうとやっぱり今は亡き「七海建人」を思い出してしまいますよね

もしかしたらナナミンの術式が高羽に宿ったような展開だったりするんでしょうか??

 

これが味方になるのであればまだしも、これが敵になってしまったらもう最悪ですよね。

虎杖がナナミンの術式を持った男と戦うなんて趣味が悪すぎなんですが、芥見先生なら普通にやりそうとも思ってしまうんだよなぁ・・・。

 

呪術廻戦最新話146話ネタバレ感想

 

という事で前回に続いて恐ろしいくらいの説明回となった今回。

しかしそれぞれがやるべき事もハッキリしてきて、秤の登場や真希の成長フラグなんかも立っていた気がします。

 

それでいて後半部分で描かれた高羽というキャラクターは中々重要なキャラになってきそうです。

彼がもしもナナミンの術式を持っているのであれば相当キツイ展開が考えられそうですよね。

 

それぞれが動き出してここからどんどん面白くなっていくはずで、この先の展開にも期待大です!!

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話147話感想考察!夜蛾の最期とパンダの涙!日下部との関係も切ない!

 

呪術廻戦最新話145話感想考察!遂に偽夏油の名前も判明!過去と繋がる超エモい解説回!

 

呪術廻戦最新話144話感想考察!真希先輩の生存確認!現れた天元は何を語る!?