怪獣8号最新話32話ネタバレ感想考察!カフカのフルパワーが凄すぎる!ミナとの対峙で物語はどうなる!?

怪獣8号最新話32話ネタバレ感想考察!カフカのフルパワーが凄すぎる!ミナとの対峙で物語はどうなる!?

怪獣8号最新話32話ネタバレ感想!

 

遂にカフカが皆の目の前で怪獣8号の姿へと変身してしまった前回の31話。

その判断がもたらした結果が今回の32話で描かれた訳ですが、これがまた最高に格好良くて切ないものになっていました。

 

いつかこういう展開がやってくるのだとは思っていましたが、予想していたよりもずっと早かった印象ですね。

こんな展開見たくなかったような気もしますが、とにかく次の展開が気になります!

 

そんな32話の気になる所をまとめていきたいと思います!

 

怪獣8号最新話32話ネタバレ感想

 

違和感を感じていた保科

 

皆の目の前で怪獣8号へと姿を変えてしまったカフカ。

当然皆驚きますが、やはりその中でも保科はまた少し違った驚きを感じていました。

 

カフカに対して元々違和感を持っていた保科

しかしそれなのにいつの間にかカフカとは普通の隊員同士の関係になっていた。

 

何故なら保科は日比野カフカという人間に惹かれてしまっていたから

だからこそ可能性から目をそらしている自分がいたのだと保科は改めて感じるのでした。

 

この戦いでひたすら株を上げまくった保科ですが、素直にカフカに惹かれていたと感じていたのもまた良いですよね。

最初の頃は結構キレ者感が強かったですし実際にキレ者ではあった訳ですが、それ以上に熱い奴という部分が強く出すぎてましたし。

 

仲間達を守り抜く為に

 

こんな状況になってしまい、カフカが正体を見せてしまった事に若干キレ気味の市川君。

相変わらずカフカの事を心配していますが、その一方でキコルの方はこのままではいずれにしてもヤバイと感じていました。

このまま爆発してしまえばおそらくほとんどの隊員が死ぬだろうと。

 

しかしそれだけにカフカは仲間達の為にも全力で爆弾に立ち向かっていきます。

保科があれだけ体張って戦ったのに、俺だけ自分の身を守ってていいわけねぇだろ!!・・・と

 

こんな状況であってもカフカが保科が頑張ったのだから・・と思っているのも熱いです。

 

カフカのフルパワーがあまりにもやばすぎる!!

 

空中に浮かぶ人形怪獣が残した爆弾の所に向かう為、全身に力を入れていくカフカ。

足のエネルギーを解放した上での踏み込みはそれだけで地面を大きく陥没させてしまう程

 

それだけ凄まじい踏み込みから一瞬で浮かび上がった所で、今度は腕に全てのエネルギーを込める事に。

自分に出せる全てを込めたパンチを放つと、ドクロのような怪獣8号の顔からカフカの素顔が少しだけ見えてしまいます。

 

凄まじすぎる一撃は、超デカイ爆弾自体を更に上空へと打ち上げてしまう程

全ての隊員達があまりの出来事に驚き、顔だけ残っていた人形怪獣も驚いてしまいます。

 

しかし攻撃を終えたカフカが着地した所で、ミナは冷静に隊員達に指示を出します。

その場に伏せてシールド全開だと

 

その直後に大爆発を引き起こした爆弾。

カフカのパンチのおかげで爆弾は上空で爆発したものの、爆風は辺り一帯を包み込んでいきます

 

隊員達がその場で伏せる中、ただ一人その場に立ち尽くしていたカフカ。

見開きで描かれるこのシーンが凄まじく格好良い事になっています。

爆風の凄まじさが分かるのと同時に、その凄い爆風でも全く動じないカフカの凄さの両方が分かる素晴らしい構図でしたね。

 

やって来た限界!ミナとの対峙が切ない

 

凄まじすぎる爆風の中で立ち尽くしていた怪獣8号を見て、あれがカフカなのかと驚いていたミナ。

その一方でカフカは全ての力を一発のパンチの為に使い果たし、既に腕も足もボロボロになってしまっていました。

 

年甲斐もなく無茶してしまったと寂しげに心の中で思っていたカフカ。

市川とキコルにも心の中で謝ります

 

そんなカフカに近づいてきたミナの手には銃が。

ミナは複雑そうな表情を浮かべながらも、カフカに身柄を拘束すると伝えるのでした

 

この場面、ミナと他の隊員達が銃を構えている中で、すぐ後ろにいる保科は悔しそうに拳を握っているのが印象的でした。

ミナの表情はなんだか辛そうで、一方のカフカは何かを諦めたかのような悲しげな表情に見えるのがまた上手いです。

 

怪獣8号最新話32話ネタバレ感想まとめ

 

 

という事で遂にこの時がやって来てしまったという感じでしたね。

正直この戦いが始まった段階では、バレるとしても保科だけかなぁとか思っていました。

少しずつバレていって最後にミナかなぁと。

 

しかしここで一気に全員にバレてしまいましたし、ここからはちょっと辛い展開になりそうですね。

もちろんそんなに過激な展開にはならないと信じたい所ですが。

 

とはいえこの展開はいつか来るだろうと思っていましたし、予想の範囲内の出来事ではあるんですよね。

仲間達を守る為に正体を明かしてしまうというのはもう圧倒的に王道の展開なのですが、それでもちゃんと熱くてちゃんと面白くてグッと来るんです!

王道をやってそれが面白いというのが「怪獣8号」の強みだよなぁと改めて感じました。

 

ここからどういう展開になったとしても絶対に面白いだろうなぁという保証がある気がしちゃいますわ。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

怪獣8号最新話31話ネタバレ感想考察!仲間の目の前で遂にカフカが怪獣8号へ!!

 

怪獣8号最新話30話ネタバレ感想考察!ミナの道を切り開く保科が格好良すぎて熱すぎる!