呪術廻戦最新話147話感想考察!夜蛾の最期とパンダの涙!日下部との関係も切ない!

呪術廻戦最新話147話感想考察!夜蛾の最期とパンダの涙!日下部との関係も切ない!

呪術廻戦最新話147話ネタバレ感想!

 

怒涛の説明回が続いていた「呪術廻戦」

それだけにそろそろ話も動いてくるかと思いきや、今回は全く違う方向の物語が描かれる事に。

まさかここへきて夜蛾学長とパンダの関係や秘密の部分が語られる事になるとは・・

 

こういう切なさを感じさせるようなエピソードが「呪術廻戦」の中でも結構好きなんですよね。

全てをわかりやすく語ってくれる訳ではないだけに、こちらに想像の余地が残されているのが丁度よい塩梅というか。

 

夜蛾とパンダ、そして楽巌寺学長達が中心となった147話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話147話「パンダだって」

 

サブタイトルと扉絵の段階ではパンダが主役だと思っていましたが、実際の所は完全なる夜蛾回でしたね。

ここまで掘り下げられる事がほとんどなかった彼の過去の部分が少しだけ明らかになってきました。

 

パンダを生み出した夜蛾は特級術師級??

 

かつて特別な呪骸であるパンダを生み出した夜蛾。

彼はパンダを生み出した事によって拘束され、京都校の学長である楽巌寺に尋問されていました。

 

人工的な呪骸は自立して行動する事が可能。

とはいえ動力となる呪力はあくまでも術師から与えられたものを消費する。

しかしパンダは呪力を自己補完していて、それが大きな問題となっていました。

 

もしも夜蛾がパンダを意図的に造ったのだとすれば、それはすなわち自力で軍隊を所持する事が出来るという事。

それ故に上層部は夜蛾を特級に認定して無期限拘束を正式に下そうとしていました。

 

だからこそ楽巌寺は夜蛾にパンダを造り方を問いかけるも、夜蛾はあくまでも知らないと答えるのでした。

 

ここまではなんとなく凄い人という印象くらいしかなかった夜蛾ですが、よく考えたら自力でパンダみたいな奴を生み出せるのであればそりゃ凄いですよね。

命を生み出しているようなものですし、ある意味では摂理に背いているようでもあります。

それだけに特級に認められそうになったという事にも納得ですね。

 

夜蛾と呪骸たち

 

過去の夜蛾の描写に続いて、今度は現在から少し前の描写が描かれます。

正式にはどの段階なのかはわかりませんがおそらく渋谷事変後の事のようですね。

 

どこかの森の中で、タケルという呪骸と話していた夜蛾

タケルは親しげに夜蛾に語りかけ、必死に元気づけようとします。

 

そんなタケルに対して長い出張に行くのだと語りかける夜蛾。

この森は天元様が守ってくれていて、タケルの母親もまた会いに来てくれるのだと。

 

だからこそ俺がいなくても大丈夫だと、夜蛾はいかにも死亡フラグみたいな事を言い出します

タケルの他にも呪骸は沢山いるようで、彼らは「まさみち」がいないと寂しいと呼びかけるのでした。

 

このタケルという呪骸がカワイイような若干キモいような見た目なのがらしいですね。

このパートだけでは何のことだかわかりませんが、夜蛾はこの場面で子供のような呪骸達にさよならをしに来ていたのでしょう。

 

夜蛾と日下部の繋がり

 

続いて描かれたのは渋谷事変後に拘束されていたパンダをなぜか日下部が救出した場面

自分が助けたという事は内緒にするよう語る日下部。

 

パンダが捕まっているのは夜蛾を誘い出す為

それが分かっていた日下部は、夜蛾には恩があるのだと語りパンダを逃がすのでした。

 

そこで更に場面は少し前へと戻ります。

 

車椅子に乗った女性と、その隣に立つ日下部。

その女性は日下部の妹のようで、夜蛾は日下部に対して本当に良いのかと問いかけていました。

 

「コイツ」は日下部の甥ではなく甥の情報を持った何かなのだと。

 

それに対して日下部は、いつまでも死人に拘っていたら未来を生きていけないのだと返します。

しかし妹はもう過去(タケル)が支えてくれなきゃ生きていけないのだと。

 

夜蛾の背後にいた呪骸のタケルは女性を見ると、あの人が僕のお母さんじゃないかと夜蛾に問いかけます。

よく分かったなと夜蛾に褒められると「天才だろ?」と人間だったタケルと同じポーズを取る事に。

呪骸の中に自分の我が子の姿を見た女性は、車椅子から立ち上がり呪骸のタケルを泣きながら抱きしめるのでした。

 

そんな親子のやり取りを見ながらも、日下部に悪いなと語りかける夜蛾。

完全自立型の呪骸の存在は公には出来ない為、呪骸のタケルは妹とは一緒に暮らせない

それが分かっていた日下部ですが、それでも夜蛾には感謝していました。

 

ありがとうございます

本当にありがとう

 

日下部は必死に涙を堪えながら夜蛾に気持ちを伝えるのでした。

 

 

詳しくは説明されていませんが、とりあえず日下部の妹は息子であるタケルを亡くしてしまったのでしょう。

それによって廃人のようになってしまっていて、日下部はそれをなんとか助けてあげたかった。

そんな日下部の妹の息子を、夜蛾がなんらかの形で呪骸として新たに生み出した・・・みたいな感じなのでしょう。

 

もちろん夜蛾が言っているように呪骸はあくまでも本人とは全く違うものだったものの、それでも妹にとっては十分過ぎるくらいに救いにはなっていたのでしょう。

なんだか物凄くドライな感じで描かれていた日下部も、ここでの描写で一気に人間味が出てきましたね。

 

衝突する夜蛾と楽巌寺

 

更に再び場面は代わり、舞台は再び崩壊した東京へと戻ってきます。

暗闇に閉ざされた街の中を歩く夜蛾の前には上層部から差し向けられたであろう忍っぽい刺客の姿が

 

息子に会いにいくのだと語る夜蛾に対して、忍っぽい刺客は唯一助かる方法を語りだします。

それは完全自立型人工呪骸の製造方法をここで明かす事

 

五条悟がいなくなった事で急に強気になったと指摘する夜蛾でしたが、忍っぽい刺客が強気になったのにはもう一つの理由が。

こちらには歴戦の術師がついているのだと、そこでギター姿の京都校学長の楽巌寺が姿を現すのでした。

 

ここで二人の戦いが始まるかと思いきや、その部分は完全にダイジェストとなっています。

次に描かれたのは、既にボロボロで行動不能となった夜蛾の姿

 

楽巌寺は後は自分に任せてと忍っぽい刺客を下がらせます。

そしてそれと同時に夜蛾はこれまで語らなかった呪骸の造り方を語りだす事に

 

肉体の情報から魂の情報を複製して、その情報を呪骸の核に入力する。

しかしそれだけでは駄目で、相性の良い3つの魂を宿した核を一つの呪骸にして、お互いの魂を常に観測させる必要があるのだそう。

そうする事によって魂が安定して自我が芽生え、生後三ヶ月を過ぎた辺りで呪力の自己補完を始めるのだと。

 

この場面になって突然話し始めた事には楽巌寺も驚きます。

なぜならもっと早く言っていれば殺されはしなかったはずだから

 

何故生き延びる道を選ばなかったのかと叫ぶ楽巌寺。

それに対して夜蛾は答えます。

 

呪い・・・ですよ 楽巌寺学長

私からアナタへの呪いです

 

この言葉は実に「呪術廻戦」っぽい台詞ですよね。

言ってしまえばこの台詞は、自分が死ぬからその代わりに造り方についての情報はアナタの中で留めておいて下さいね・・みたいなものですし。

 

最期の言葉が「呪い」になるというのは七海が虎杖にやったのと同じようでもあります。

シチュエーションは全く違いますがなんとなく似ているようでもある気がするんですよね。

 

ここまで必死に言わずにいたのだから、そのまま造り方を墓場まで持っていけばよかった。

しかしそれをせずに「呪い」として楽巌寺に託したようでもあり、それはある意味では夜蛾からの楽巌寺への信頼だったのかなぁと

なんとも言えない複雑な感情になってしまいますね・・・。

 

パンダの涙

 

夜蛾が最期の言葉を残したそのタイミングで駆けつけてきたパンダ

夜蛾の状況を見るとそのままゆっくりと楽巌寺へと近づいていきます。

楽巌寺は戦いの構えを取るも、パンダはそれをスルーして夜蛾の元へ。

 

何故戦わないのか?自分が憎くないのか?

 

そう問いかける楽巌寺に対して、パンダはそんなものには囚われないと返します。

楽巌寺は夜蛾とは仲が悪くはなかっただけに、どうせ上に命令されてやっただけだろうと。

自分にとって楽巌寺は落ちてるナイフみたいなものだと。

 

しかしその上でパンダは強く楽巌寺に言い放ちます。

 

だがこれだけは覚えておけ

パンダだった泣くんだ

 

その時点でパンダの目からは大量の涙が

堪えきれないパンダの悲しみの絶叫は、真っ暗な東京の街に響き渡るのでした。

 

いやぁ、これはちょっとお辛いですね・・。

最期に二人が会話を交わす事さえ出来ないとは・・・

 

しかしこのリアクションから考えても、やっぱりパンダは夜蛾の実の子供の魂を宿していたという感じですかね。

相性の良い3つの魂が必要になってくると考えると、夜蛾には元々3人の子供がいたって事かもしれません。

その子供が3人共亡くなってしまい夜蛾は離婚し、そこでパンダを作り出そうとした・・みたいなストーリーが考えられますね

 

呪術廻戦歳以上147話ネタバレ感想まとめ

 

という事で完全に最初で最後の夜蛾のメイン回となりましたね。

日下部との繋がりや楽巌寺との複雑なやり取りなどを見ると、本当に夜蛾は優しい人だったんだろうなぁと思います。

 

それだけに非常に悲しい展開な訳ですが、よく考えたら結局は「上層部がクソ」って言う話なんですよね・・・。

こんな状況になっているというのに、上層部は最後まで人工呪骸の造り方を知りたかったみたいですし

マジでこの腐りきった上層部はどうにかしないとなりませんね・・!

 

残されたパンダが今後どう行動していくのか?

そして呪いを託された楽巌寺はどうするのか?

 

それぞれのドラマの続きも気になりますね!

 

・・・しかし次回はまさかの「休載」で、しかも次回のジャンプはGW明けであり続きが読めるのは実質3週間後なんですよね・・・。

これはお辛いですわ・・・・。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

呪術廻戦最新話146話感想考察!死滅回游の説明回!新キャラ高羽の術式はナナミンの!?

 

呪術廻戦最新話145話感想考察!遂に偽夏油の名前も判明!過去と繋がる超エモい解説回!