呪術廻戦最新話149話感想考察!真依が真希に最期に遺したもの!悲しすぎる結末に涙!

呪術廻戦最新話149話感想考察!真依が真希に最期に遺したもの!悲しすぎる結末に涙!

呪術廻戦最新話149話ネタバレ感想!

 

禪院家の奴らの最低っぷりが大きな話題となった前回の148話。

描かれれば描かれた分だけ彼らへの評価が下がっていく訳ですが、とはいえ前回はそんな彼らによって大ピンチとなってしまっていました。

ここから真希がこのピンチをどうやって乗り切っていくのかと心配になっていましたが、

 

あまりにも辛すぎる

 

展開になってしまいました。

とはいえ当然辛すぎるだけではなく、凄まじく美しくて最高に熱い展開である事も間違いないんですけどね。

間違いなく神回ではあったものの、素直にそう言えないくらいには辛すぎたんですよね・・。

 

衝撃的な展開となった149話の気になる部分をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話149話ネタバレ感想「葦を啣む-弐-」

 

どこまでも徹底したクズ野郎の扇

 

前回の戦いで扇から致命的な一撃を浴びてしまっていた真希。

ここからどう戦っていくのかと思っていましたが、残念ながらあの一撃でダウンとなっていました

 

真希の敗因は扇の刀を折った事で安心して深く踏み込みすぎた事。

自分は剣士ではなくあくまでも術師であり、出来損ないの物差しで自分を測ろうなんて笑ってしまうと相変わらず下に見てきます。

その上で前回のラストに引き続き今回も自分が当主に選ばれなかったのは真希と真依のせいだと言い放ちます。

 

直毘人の術式は歴史が浅く、相伝であるかどうかは当主選びにおいて争点にはならなかったのだそう。

扇としては術師として直毘人に遅れを取った事など一つもなく、唯一の差と言えば子供の出来だけ。

 

子が親の足を引くなどあってはならない

 

こんな事を恥ずかしげもなく堂々と言えちゃう辺りが最高にクズですよね。

当主になれなかった事をめちゃめちゃ引きずってるのもダサいですし、その責任を全て娘たちになすりつけているのも最悪です。

 

訓練と懲罰部屋にて

 

真希と真依を生かしたままどこかの部屋へと連れてきた扇。

そこは普段は訓練と懲罰に使われる部屋なのだそう。

そこには訓練用として2級以下の呪霊を無数に飼っているようで、扇がこの場を去れば弱った二人を喰いに来てしまうような状態。

 

全く娘たちへの愛情を見せない扇は、さらに真希へと文句を続けます。

天与呪縛やフィジカルギフテッドがなんだ・・・と

そもそも術師は日々鍛錬した肉体を呪力で強化して戦う訳で、真希が持っている力なんて皆持っているのだと。

 

さらば 我が人生の汚点

 

こんな台詞を死にゆく娘たちに言い残す辺り、マジでもう救いようがないクズですね。

前回の時点では扇が多少は愛を持っている可能性も考えていた自分をぶん殴りたいですわ。

というかこういうどうしようもない圧倒的なクズを描くのが芥見先生って感じよね。

 

真希と真依二人の彼岸

 

扇が訓練部屋を去り、呪霊が騒ぎ出す中でなんとか起き上がっていたのは真依の方。

真依は致命的な一撃を食らったものの真希がまだ生きている事を確認します。

 

いつか・・・・

こうなるんじゃないかって思ってた

最悪

 

自分も辛そうにしながらそう言葉を紡ぐと、何故か真希へと口付けをする真依

すると二人の意識は波打ち際へ。

 

至って普通の海岸という風には描かれていますが、ここは間違いなく彼岸ですよね

あの世とこの世を繋ぐ場所というイメージでしょうか。

 

そこで真依は、自分の術式についてもう大体真希が分かっているだろうと語りかけます。

その上で大きいものや複雑な物は作れないのだと。

そこで衝撃的かつ決定的な発言が飛び出します。

 

あの人に斬られた傷もあるしこれ作ったら私死ぬから

 

そう言って海へと歩き出す真依。

 

当然ながら真依は真希の為に死のうとしている訳ですよね。

この展開は予想してた事はしてましたが、出来れば当たって欲しくない予想だったんですよね・・・。

 

双子は二人で一つ

 

真依の言葉の意味が分からず、戻って来るよう叫ぶ真希。

しかし真依は既に覚悟が決まっているのか、随分前から分かっていたのだと語ります。

呪術師にとって何故双子が凶兆なのかを

 

何かを得るには何かを差し出さなければならない

これは縛りだけの話ではなく、様々な状況でやって来るルールのようなもの。

 

しかしそういう利害が双子の場合は成立しないのだそう。

何故なら一卵性双生児は呪術では同一人物としてみなされるから。

 

アンタは私で私はアンタなの

 

だからこそ真希がどれだけ努力して強くなりたいと願っても無意味

何故なら真依の方は強くなんてなりたくもないから

 

真希が術式をもっていなくとも、真依が持っていては意味がない

自分がいる限り真希は一生半端者なのだと真依は気づいていたのでした。

 

呪術の世界はちょっと双子に厳しすぎないかなぁと思ってしまいますよね。

お互いがお互いを大切に想っているというのに、お互いの存在が足を引っ張ってしまうなんて地獄だわ・・・。

 

真依が真希に遺したもの

 

焦って真依を追いかける真希。

しかし真依はこれだけは置いていくから他は捨てろと手を伸ばします。

呪力も何もかも自分が持っていってあげるから・・・と

 

一つだけ約束して

全部壊して

全部だからね お姉ちゃん

 

仲が良かった幼い頃の姿に戻りながらそんな言葉を真希に遺した真依

真希の手には前回と今回のサブタイトルにもなっている「葦」が握られていました。

 

そして目覚めて彼岸から戻ってきた真希の手には、葦ではなく真依が作り出した刀が

しかし戻ってきたのは真希だけで、真依は戻ってこず。

真希は目覚めない真依に涙を流しながら必死に呼びかけるのでした。

 

いやいや、もうこの演出があまりにも美しくて最高としか言えないんですよ、悔しいんですが。

こんな美しすぎる姉妹愛の部分を見せつけられて感動しつつも、やっぱり差し引きゼロになっちゃうくらいに悲しいんです。

 

忌まわしき甚爾の力と姉妹の戦いの始まり

 

周りを大量の呪霊に囲まれていた真希。

しかし部屋を出ていった扇は、その呪霊達があっという間に消滅してしまった事を察知します。

 

そして同時に自分が忘れようと努めていた恐怖という感覚を味わう事に。

その恐怖とは、禪院家を飛び出した伏黒パパこと禪院甚爾から受けたもの

目の前に現れた真希は完全に甚爾と同じオーラを纏っていました。

 

圧倒的な強者のオーラにビビりながらも、ここでようやく術式を解放する扇。

「焦眉之赳」という刃に炎を纏う術式?を発動させます。

 

この手で骨の髄まで焼き尽くしてくれる!!

来い!!出来損ない!!

 

と、どこまでも小者感が凄まじい扇さん

術式自体はなんだか強そうでしたが、その言葉を言い終わるより速く真希によって頭部を真っ二つにされてしまっていました。

 

自らの父親を一撃で仕留めた真希は、自らの手にある刀に対して「真依」と語りかけるのでした。

始めるよ・・・と

 

うーん、スッキリしたとしか言えない扇の最期でしたね。

まあほとんど登場していない割にはヘイトを集めまくり、最高にクズな敵役となってくれたのは評価出来ると言えなくもないでしょう。

 

真依が遺してくれた刀は真希にとっては真依そのもの

この演出が凄まじく素敵で泣けてしまいます。

 

ちなみに前回の今回のサブタイトルが「葦を啣む」

今回真依が真希に対して「葦」を渡していましたが、どうやらこの言葉には続きがあるのだそう。

 

「葦を啣む雁」という言葉があるようで、今回のラストでも「雁」らしき鳥が飛び立つ様子が描かれていました。

 

雁が海を渡って飛んでいく際に、海上で羽を休める為に枯れた葦を咥えていく事・・・であり、意味としては何かの準備が完全になったという事のようです。

 

真依から「葦」というこれから先の戦いに必要なものを渡された真希。

正に真依そのものとなった刀を得た真希が新たな戦いに臨んでいくという事だった訳ですね。

 

前回の時点で結構こういう予想をしていた方もいたようで、めちゃめちゃサブタイトルとして素晴らしいですよね。

 

呪術廻戦最新話149話ネタバレまとめ

 

真希が強くなる為に何かを捨てる必要があった訳ですが、まさかこんな形で捨てる事になるなんて辛すぎますよね。

捨てるというよりは完全に奪われた形ですし、真希からすれば一番守りたかったものを犠牲にしたという展開ですから。

 

真希にとって一番大切な真依がいなくなる事で、大きなしがらみでもあった禪院家も捨て去る事になっているというのがまた上手い所

どうせなら0巻で乙骨が言っていたように禪院家ぶっ壊してから死滅回游に参戦でも良いくらいですよね。

 

とはいえなんとなく直哉はまだ死なないような気もするなぁ。

 

今回は圧倒的な神回で「呪術廻戦」の良い部分がとにかくめちゃめちゃ詰まってましたね

そしてその良い部分というのは大概悲しさや辛さと表裏一体なのも「呪術廻戦」な訳ですが。

 

次回は表紙&巻頭カラーという事で、次にどんな展開を迎えていくのか楽しみですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話150話感想考察!覚醒した真希の禪院家大虐殺!直哉の運命は如何に!?

 

呪術廻戦最新話148話感想考察!真希の真衣への想いが明らかに!親子対決の結末とは!?

 

 

呪術廻戦最新話147話感想考察!夜蛾の最期とパンダの涙!日下部との関係も切ない!