怪獣8号最新話38話ネタバレ感想考察!カフカに下された判断は!?

怪獣8号最新話38話ネタバレ感想考察!カフカに下された判断は!?

怪獣8号最新話38話ネタバレ感想!

 

 

カフカが遂に怪獣化を自らの力で解き放った前回。

仲間達の気持ちを考えながらも、最終的にはミナの笑顔を思い出した事がきっかけとなっていたのが熱いですよね!

その上で迎えた今回の38話。

 

当然今後のカフカの話がされることになりましたが、やっぱりこういう展開って面白いですよね。

こういう所もめちゃめちゃ王道な展開なのにちゃんと熱いと感じさせる辺りも「怪獣8号」の良さだと感じます。

 

前回の37話はこちら→怪獣8号最新話37話ネタバレ感想考察!ミナへの想いが奇跡を起こす!

 

 

怪獣8号最新話38話ネタバレ感想

 

防衛隊第1部隊隊長の鳴海弦登場!

 

完全に怪獣8号に肉体を奪われながらも、すんでの所で自らを取り戻していたカフカ。

自分は怪獣8号ではなく日比野カフカなのだと言い残してその場で崩れ落ちる事に。

 

そんな状況で四ノ宮功が声をかけたのは、崩れ落ちたカフカに武器を向けていた鳴海という人物

既にカフカの周りを鳴海とその他の隊員達が囲んでおり、功は彼らに武器を収めるよう指示するのでした。

 

鳴海という男は防衛隊第1部隊の隊長。

鳴海弦という名前で、これまで登場したキャラとはまた違ったイケメンって感じですね。

 

功に対しても、そのまま死ぬ気かと思った・・・と軽口を叩ける辺り、それなりに関係が深そうに思えます。

ボロボロになった功も怪獣8号が想定以上だった事は認めていて、鳴海がいるからこそギリギリまでカフカを見極めようとしていたのでしょう。

正直怪獣8号の力が想定以上過ぎた場合どうやって止める気だったのかと気になっていましたが、鳴海がいたから安心だったようですね。

まあそうなると鳴海は少なくとも功以上と考えられそうですし、現在の防衛隊では最大の戦力とも言えるのかもしれません。

 

四ノ宮功の決断

 

カフカを医療班に見せる事にしたものの、鳴海からはカフカをどうするつもりなのかと問いかけられた功。

彼の判断は、怪獣8号を兵器化はせずに戦力とする・・・というものでした。

 

その判断は怪獣を生きたままで運用するという事であり、当然これには反対の声が多数

しかしカフカの人間としての声を真っ向から受け止めていた功は、制御可能だと判断していたのでした。

 

実際問題カフカには、第3部隊で既に数ヶ月も任務を共にしていたという実績も。

それでいて兵器化した場合も怪獣としての力をそのまま生み出せるかも定かではなく、かつての6号のように適合者不在で封印となる可能性もある。

大怪獣が次々と発生している以上、戦力は最大効率で運用するというのが功の考えでした。

 

とはいえやはり怪獣を生きたまま運用するなんて前例がない・・・という声も。

しかしそれに対して功は力強く言い放ってくれます。

 

前例(そんなもの)はこの国の防衛に比べれば瑣末な事だ

 

このセリフはトップじゃなければ言えないセリフではありますが、こんなセリフを言えちゃう上司は格好良いですよね。

何かと規律を重視しがちな場面でこんな事を言ってくれたらなんだかついていきたくなりますわ。

 

10年前の怪獣6号襲来

 

そんな格好良い発言をしてくれた功は、10年前に発生したという怪獣6号を中心とした群発災害について語りだします。

その時は200人以上の隊員と3人の隊長が犠牲になり、功の妻もその戦いで亡くなってしまったようです。

 

現在の日本では、大怪獣と戦えるレベルの隊員は30人足らず。

単騎で考えると10人にも満たず、識別怪獣クラスとなれば更に少ないのだそう。

そう考えると保科ってやっぱりトップクラスの凄い奴なのでは??

 

想定を遥かに超える怪獣が群発してしまえば国は簡単に滅びてしまう。

それだけに功は、怪獣8号の桁外れの力を運用する事こそが自分たちの希望にもなり得るのだと考えていました。

 

怪獣6号が相当危険な相手だったようで、しかも適合者も不在だったとなるとひたすらに迷惑でしかない存在だったのでしょうね。

こちらの戦力としても利用出来なかった訳ですし。

隊長3人が死んでしまうレベルだったとなると、カフカ以前の怪獣の中でも最強レベルだったと考えられそうです。

この戦いで奥さんも亡くしてしまった事で功はキコルを超スパルタで育てるようになったのでしょうね。

 

カフカが考える人間としての死

 

カフカを希望として捉えて熱く語っていた功。

しかしそれでも他の幹部達はカフカを生かす事には反対するのでした。

 

一方ドラゴンボールなんかでよく見た回復ポッドみたいな奴に入って治療中のカフカ。

そこでカフカは昔の夢を見ていました。

 

子供の頃、怪獣の襲撃によって街が破壊されてしまったカフカとミナ。

その際にミナはネコのミイコを亡くしてしまい、大泣きしながらミイコを火葬場に連れていく事に

 

カフカはそんなミナを見て、ミナをそんなに泣かせた怪獣を許せないと思っていました。

そしてだからこそ、自分が身も心も怪獣になってしまうのであれば人間として死のうとも思っていたのでした。

 

やっぱりカフカにとってミナとのかつての思い出こそが戦う動機になっているんですよね。

しかしここでの最後の発言はちょっと不穏にも感じられて、今後も怪獣化の影響を受けたり苦しんだりという展開もあるのかもしれません。

 

兵器としてではなく防衛隊員として

 

目覚めたカフカの目の前にいたのは四ノ宮功。

カフカとしては殺されかけていた相手という事で、功の方も危害を加えるつもりはないと伝えようとします

 

が、そこでカフカから飛び出したのは「よかった」という一言

カフカはもし功に何かあったらキコルに合わせる顔がなかったと、あくまでも功の無事を喜んでいたのでした。

 

うーん、これは功的にもポイント高いでしょうね。

カフカの事を気に入ったら、その内キコルの夫としてカフカを婿入りさせようとしたりするんじゃなかろうか?

 

とりあえず生きて目覚めたという事で、人間であり隊員だと認めてくれたのかと問いかけるカフカ。

しかし功は厳しい表情のままで今のカフカの状況を語りだします。

 

もしもカフカの胸にあるのが人間の心臓だったのならば、おそらくカフカはもう死んでいた

そう語る功は、カフカは怪獣なのだと結論を出すのでした。

しかしその上で敵であるかどうかは保留するという功はここで、カフカを「怪獣8号」ではなく「日比野カフカ」として扱い始めます。

 

今は防衛隊の上層部でも、カフカを生かす事に反対する者がほとんど。

それだけに生き残る為には自ら有用性を示せ・・・と

 

改めて自分が兵器としてギリギリで生かされているだけだと実感するカフカ。

しかしそれでも力強く功に自分の想いをぶつけます。

 

俺は今でも自分を防衛隊員だと思ってます

絶対に防衛隊員としても認めさせます

 

という事で、流石にすぐに防衛隊員として仲間達の元に戻るという事は出来そうにありません。

しかしそれだけに再会した際には皆がそれぞれ成長した姿を見せる事になるのでしょうね。

 

再びの怪獣9号

 

カフカが新たな決意をしているその頃、国立市のハイタワーレジデンス国立23階に現れていたのは怪獣9号

自らの肉体を脱皮させる事で新たに屈強な肉体を用意していた彼は新たに何かを企んでいました。

 

人間の手に堕ちた怪獣の力を怪獣の元に取り戻すとしよう

 

このセリフ的には、カフカを取り戻す・・・みたいな意味に感じてしまいました。

が、よく考えればそもそも怪獣と戦っている武器やスーツそのものが怪獣の力なんですよね。

功なんかは直で怪獣2号の力を使っていた訳ですし。

そう考えると怪獣9号が言っている「怪獣の力」というのは、そういう武器だったりを指しているのかもしれません。

 

とはいえ怪獣9号は結構強かったとはいえ、カフカの怪獣8号の前には全く歯が立たなかった相手。

肉体は進化しているっぽいですが、敵キャラとして期待出来るのかどうかはちょっと微妙な気もしますね。

まあ搦め手タイプなキャラですし、今回も防衛隊を苦しめてくれそうではありますが。

 

 

怪獣8号歳以上38話ネタバレ感想まとめ

 

カフカの今後について描かれていた今回。

微妙な立場である事は変わらないものの、長官の四ノ宮功には認められていたのが大きいですよね。

 

こういう展開もめちゃめちゃ王道ではあるのですが、それでもしっかり熱い展開を描いてくるのが「怪獣8号」って気がします。

予想を裏切る展開にするというよりは、予想通りの展開を予想以上の熱量で描く・・・みたいな

 

次の戦いもすぐに始まってしまいそうですが、カフカがこの戦いにどう関わってくるのかも注目ですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

怪獣8号最新話39話ネタバレ感想考察!隊長の鳴海はダメ人間で最強キャラ?

 

怪獣8号最新話37話ネタバレ感想考察!ミナへの想いが奇跡を起こす!

 

怪獣8号最新話36話ネタバレ感想考察!暴走する怪獣8号!四ノ宮功の思惑も気になる!