アニメ「チェンソーマン」ティザーPV公開!超クオリティで期待を超えてきた!

アニメ「チェンソーマン」ティザーPV公開!超クオリティで期待を超えてきた!

アニメ「チェンソーマン」ティザーPV公開!

 

MAPPA10周年のイベントの中で遂に公開された

 

アニメ「チェンソーマン」ティザーPV

 

いやいや、これがもうめちゃめちゃ観ていて鳥肌が立ちっぱなしの超クオリティとなっていました。

 

 

 

呪術廻戦のアニメも凄まじいクオリティとなっていたMAPPAさん。

そんなMAPPAさんが「チェンソーマン」のアニメ化に物凄く力を入れているとの話だったので、当然読者としても期待が高まっていました。

が、そんな期待を遥かに上回るものをお出ししてきてくれましたね!

 

しかしこの超クオリティのPVの中には色々と気になる部分も。

今回はこのPVの気になる部分を見ていきましょう!

ネタバレありなので注意です!

 

チェンソーマン最終回97話感想考察!最高に映画的な第一部完!!第二部とアニメ化決定おめでとう!!

 

アニメ「チェンソーマン」ティザーPVの気になる所

 

初となるPVは時間にして僅か1分足らず

しかしその1分足らずの中にめちゃめちゃ情報が詰まっていましたね。

 

冒頭からいきなり超重要なシーンが

 

PVで最初に映し出されたのは幼少期のデンジ。

そしてそのデンジが見つめる足元には誰かの血が広がってきていました。

 

まあ原作を読んでいる人なら分かる通り、これはデンジが封じ込めようとしていた自分の辛い記憶

物語の後半になって明かされる衝撃の事実に関わる部分であり、これを冒頭に持ってくるというのが驚きでしたね。

 

デンジのギザギザの歯も印象的でしたが、それ以上に路地裏感が非常に良かったです。

どこにでもありそうな街中の路地裏がデンジの深い苦しみを表しているようでもあり閉塞感を感じさせるようでもあり、日常と非日常が紙一重の所に存在しているような

この場面の見せ方だけでも「チェンソーマン」の持つなんとも言えない空気感を再現しているような気がしました。

 

しかしこの重要なシーンが描かれるとなると、今回のアニメ化で一気に第一部の全てを終わらせる事になるんだろうか?

 

早川家の空気感が最高

 

続いて描かれていたのは、デンジ、早川、パワー、そしてニャーコ達による早川家での生活の様子

台所のシンクには汚れた洗い物がたまっていて、小さなテーブルで3人プラス一匹が仲良くご飯を食べていました。

バターたっぷりで各種ジャムが塗られたトーストが映し出されているのも印象的です。

 

この場面がまた非常に素敵になっていて、早川家での日常ってこんな感じだったんだよなぁと感じられるものになっています。

生活感を感じさせつつもデンジにとっての最強のパンを見せていたりと、こういう所にも「チェンソーマン」を理解している感じがしますよね。

 

チェンソーマンにも存在しない記憶が??

 

そんな早川家の様子に続いて描かれていたのが今回のPVで一番の謎の部分

 

何故か海の浅瀬部分でビーチバレーをやっていたのは、コベニ、デンジ、パワーの3人

ボールを返すコベニ、楽しげなデンジの表情、水しぶきを浴びながらもどこか嬉しそうにも見えるパワー。

 

躍動感があってしかもみんな楽しそうで物凄く良いシーンに思えるのですが、原作ではこんなシーンなんて存在しないんですよね。

「呪術廻戦」では存在しない記憶という強烈なワードが生まれていましたが、その流れが「チェンソーマン」にもやって来たのかと思ってしまいました。

・・・まあ「チェンソーマン」の場合はマキマさんという特別過ぎる存在がいる訳で、彼女がぶち壊したあり得た未来・・・みたいな可能性が高い気もしますが。

ある意味では原作派ではなくアニメから入る派を騙そうとしているような演出にも思えました。

 

そしてそれに続いて描かれていたのは、同じベッドに横たわる早川と姫野先輩の姿。

明らかにベッドシーンとなっていて完全に事が済んだ後って感じに見えます。

 

早川の事を大事そうに見つめる姫野先輩と、重要アイテムでもあるタバコを吹かす早川。

そんな早川の耳元に息を吹きかける姫野先輩。

この場面は凄くしっとりして良い雰囲気のシーンになっていますね

 

とはいえ当然こちらもこんなシーンは存在しておらず、こちらもあり得た未来だと考えられそうな気がします。

さらには、姫野先輩が早川の耳に息を吹きかけた所で、その映像がテレビの中の映像だったと分かるような表現となっていました。

それだけにやっぱりこれらの記憶は存在していないものだという事を意味しているのかなぁと感じますね。

 

躍動感ありすぎの構図とアクション

 

と、ここまでは「チェンソーマン」の静の部分が描かれていましたが、テレビが映った所から一転して「チェンソーマン」の動の部分が描かれていきます

 

どこかから這い出てきたような悪魔達(永遠の悪魔?)

デビルハンターの墓場から飛び立つたくさんのカラス達。

発見した銃の悪魔の肉片と、銃の悪魔によって吹き飛ばされてしまう家(早川の実家?)

 

そしてめちゃめちゃ格好良かったのが、ヤクザの孫ことサムライソードと沢渡のコンビ

ちょっと斜め上からのアングルで描かれた二人が非常に格好良くて、なんだか「チェンソーマン」の重要キャラなんじゃないかと思ってしまいます。(重要キャラでないとは言ってない)

 

そこから更にデンジの心の中の扉が描かれ、そこから流れるように神社の境内でのマキマさんへと移っていくのがまた最高に格好良いです。

マキマさんが開眼し、デンジがチェンソーのスターターを引っ張り、そして狐の悪魔が発動される。

この流れがもう最高過ぎて何回もリピートしてしまいますよね!

 

更にまた独特なアングルで刀を抜こうとする早川と、ゆっくりとベンチから立ち上がる岸辺。

早川のこの見せ方もまたこだわりがありそうに見えて凄く素敵です。

 

その後に続いて描かれたのは、これまた躍動感たっぷりで血のハンマーを振り下ろしながら落ちてくるパワー

この辺の動きもまた凄まじいクオリティになっていて、シンプルに凄いと思わせてくれます

 

更にはデンジとコウモリの悪魔との戦い、そして人間の姿のままでヒルの悪魔と戦うデンジの姿も。

この辺りのアクションシーンはちょっとヌルヌルと動きまくりで、どれだけ力を入れて作っているのか驚かされてしまうレベルですよね。

 

永遠の悪魔との戦いでのホテルの様子も描かれ、デンジがマキマさんから指を噛まれるあのシーンがガッツリと描かれています

当然ですが、この場面でのマキマさんはめちゃめちゃお美しいです。

知らない人がこのPVを観たら間違いなくこの人がヒロインだと感じるんでしょうね。

・・・まあヒロインではないとも言い切れませんが

 

最後はチェンソーマンの姿となり悪魔達をバッサバッサと斬り捨てていくデンジの姿が描かれて今回のPVは終わりとなります。

血飛沫が飛び交うチェンソーマンの戦闘シーンが本作の魅力の一つだと思いますが、この様子だと絶対大丈夫な気がしちゃいますね。

 

アニメ「チェンソーマン」ティザーPVの気になる所まとめ

 

という事で、PVを観た感想としてはもう

 

最高だった

 

としか言いようがありませんね。

 

正直「チェンソーマン」はクセも強いだけにどういうアニメになるのかちょっと心配でもありました。

あの独特な雰囲気だとか世界観を再現するのは難しいんじゃないかと

 

しかし今回のPVはそんな心配を払拭するには余りある程のパワーを持っていて、期待感が凄まじいレベルで高まってきました

今回のアニメ化でどこまで物語が進むのかはまだ不明ですし、声優さんなんかの発表もまだでしたが、それらが発表されていくと更にどんどん盛り上がっていくのでしょうね。

 

とにかく期待しか出来ないような素晴らしいPVでした。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

藤本タツキ先生の読み切り「ルックバック」がとにかく凄いとしか言えなかった件

 

チェンソーマン最終回97話感想考察!最高に映画的な第一部完!!第二部とアニメ化決定おめでとう!!

 

チェンソーマン最終回で描かれる内容とは!?パワーとの再会と映画的なラストになる!?