呪術廻戦最新話153話感想考察!遂に秤先輩が登場!虎杖と伏黒で新章スタート!

呪術廻戦最新話153話感想考察!遂に秤先輩が登場!虎杖と伏黒で新章スタート!

呪術廻戦最新話153話ネタバレ感想!

 

1ヶ月以上の休載を経て久しぶりに掲載となった「呪術廻戦」

本当にめちゃめちゃ先が気になる状態だっただけにジャンプに「呪術廻戦」が載っているという事のありがたさを改めて感じるような休載期間でしたね。

 

そんな中で迎えた今回の153話。

前回までで一応真希を巡る禪院家の問題も解決?していた事もあり、今回から物語は新たな展開を迎える事に

 

名前だけは初期から登場していたあの人物も遂に登場となりましたが、これはまた中々面倒くさい展開になっていきそうです。

ってか今回物凄くHUNTER×HUNTERっぽさを感じてしまったのは自分だけなんだろうか??

 

気になる所をまとめてみたいと思います。

 

前回はこちら→呪術廻戦最新話152話感想考察!禪院家の終わりと西宮の涙!直哉にトドメを刺した母親の想いは?

 

呪術廻戦最新話153話「賭け試合」

 

秤金次の居場所

 

禪院家の様子がしばらく描かれていましたが、今回は久しぶりに主人公である虎杖と伏黒サイドが描かれる事に。

そして彼らの目的は停学中の秤金次を戦力として迎え入れる事

 

天元様によれば秤は今、栃木県で賭け試合の胴元をして金を稼いでいるのだそう。

ってかそもそも栃木県は今どういう状態なんだっけ??

流石に栃木はまだギリギリ平和な日常を続けてられているのかな?

 

賭け試合というのは術師同士の殴り合いであり客は非術師。

当然ながらそんな事をやっているのは呪術の規定に反している訳ですが、世界がこんな大変な状況になっているだけに秤も自由に行動しちゃっているのでしょう。

 

そんな秤の元へとやってきた虎杖と伏黒。

高専関係者とバレたら逃げられるかもしれないという事で、二人は一応高専の制服から着替えておく事に。

 

とはいえそもそも虎杖と伏黒も別に高専側と呼べるような立場でもない状態

しかしそれでも秤からすればクロだろうと伏黒は考えていました。

 

やってる事が完全にアウトであり、しかも先輩達も皆秤の事をろくでなしだと言っている

とはいえあの乙骨が自分よりも強いと言っている以上、戦力としては絶対に必要だと二人は賭け試合が行われている栃木県の立体駐車場跡地へと潜入を開始するのでした。

 

元々ヤバい術師なだけに、秤からすれば世界が完全にぶっ壊れてしまっても全然問題ないんでしょうね。

皆が色々頑張っている中で一人金を稼いでいる辺り、例え仲間になったとしても色々と面倒事を起こしそうな気がします。

 

賭け試合潜入作戦

 

という事で、屈強な男が見張りをしている立体駐車場跡地へとやって来た二人。

ここでは伏黒が上手いこと見張りの男に対応する事で、虎杖を賭け試合への出場を許してもらう事に

 

防犯カメラで見られていた事で、この場所に秤がいると確信する虎杖。

その一方で伏黒は、自分が秤に泳がされているのだとも気づいていました。

 

自分が潜入してバレてしまえば虎杖への信用も0になり、そうなれば秤との接触も難しくなる。

あくまでも自分達は秤に協力をお願いしに来ているだけに、力づくでどうにかして今後の関係に響いてしまうのは避けたい所

 

それだけにすぐに動くべきではないと慎重な考えをするものの、その一方で津美紀の回遊への期限まではあとたったの9日

栃木県までは走っての移動も多く、呪霊の相手をしながらという事で結構時間を使っていた様子。

あまりのんびりも出来ないという事で、伏黒は積極的に秤を探る選択を取るのでした

 

この辺りは改めて伏黒の冷静さと有能さを感じさせましたね

虎杖も別にただのアホではありませんが、冷静な伏黒と一緒にいるのがベストなんだろうなぁと感じます。

 

虎杖の対戦相手は?

 

そんなこんなで賭け試合に出場する事になった虎杖。

試合のルールは2つで、逃げてはいけない事と術式を使ってはいけない事

 

虎杖としては相手が術式を使っても構わないというスタンスだったものの、そもそも客はみんな非術師なだけに見えない勝負をされても盛り上がらないという判断。

そして逃げてはならないというルールの方も、客の見える範囲で戦えといういかにも主催者目線での考えとなっていました。

 

そもそも試合には2種類あるようで、それが今回のような脚本なしのガチンコ試合と脚本ありの八百長試合

脚本は胴元である秤が描いているようで、とにかく客を盛り上げたいというスタンスのようです。

 

結構な数の観客が見守る中、格闘技的な実況付きで始まった賭け試合。

しかし虎杖の目の前に対戦相手として現れたのはまさかのパンダ先輩でした。

 

父親的存在である(実際の父親かもしれんけど)夜蛾が亡くなってしまってどうなるかと思われたパンダ先輩でしたがまあまあ元気そうです。

まさに客寄せパンダだと虎杖も笑えていたりと、ちょっとほっこりする場面でしたね。

 

遂に登場した秤金次ともう一人の3年生

 

虎杖とパンダ先輩の試合が始まろうとしていたものの、完全に冷めていたのが試合を見守っていた秤。

隣に謎の女性が密着している状態なのも気になる所でしたが、彼としては勝ち負けが見えてる賭けはつまらないのだそう。

パンダの実力は知っているようで、それだけに野良術師がパンダに勝てるはずがないと考えていた訳ですね。

ちなみにここでは「運」というワードを使っていて、やはり「運」が秤の術式とも関係しているのかなぁとも感じます。

 

しかしそんな秤が見たのは、パンダと互角に渡り合う虎杖の姿。

とはいえ虎杖とパンダ先輩は小声で話をしながら客に見栄えのするバトルを繰り広げていた訳ですが。

 

知った仲なだけに警戒はされていないものの、秤とは会えていないというパンダ先輩。

どうやらもう一人の3年の術式が問題なのだそう。

 

そんな会話をした所で虎杖が勝利となる流れとなり、観客が盛り上がる中で秤も動き出します。

虎杖はどうせ賭け試合のトーナメントを勝ち残るだろうと。

 

いい脚本が描けそうだと部下に電話していた秤。

その見た目はこれまでに描かれた横顔とはちょっと違う感じで、至って普通のワルって感じでした。

髪も金髪っぽくなっていて、停学になっている間にイメチェンしたんでしょうね

 

しかし気になるのはそんな秤の隣にいる女性。

口の周りにピアス開けまくりながら「呪術廻戦」にしては結構可愛い感じの彼女の名前は「星綺羅羅」

秤と同学年の3年の先輩という事のようです。

 

秤が虎杖の登場で気分が盛り上がっている中で元カノの話をすると「元カノの話やめて」とツッコんでいて、彼女が秤の今カノという事なのでしょう。

パンダ先輩が問題だと考えている彼女の術式も気になる所ですね。

 

ちなみに伏黒の方も地味に成長を見せていて、秤の部下の影に潜り込む形で潜入していました。

自らを影にしているのか、それとも影の間を移動しているのかなどはわかりませんが、やっぱり伏黒の術式は使い勝手が良いよなぁと感じます。

 

しかし秤がやっている賭け試合の規模が結構大きくなっている事もあり、秤を仲間に加えるのには結構時間がかかる展開となりそうです。

それこそ秤金次編と言えるくらいのシリーズになるのかもしれませんね。

 

呪術廻戦最新話153話ネタバレ感想まとめ

 

という事で「呪術廻戦」が読める月曜日はやっぱり良いですね!

話の展開としてもしばらく続いていた激重展開ではなく、虎杖と伏黒が中心となった割と明るめな展開だったのも良かったです。

連載再開のタイミングでまだ禪院家の問題だったらちょっとキツイですもんね。

 

秤もようやく登場となりましたが、予想以上に面倒くさい人物という印象です。

一筋縄ではいかない展開になりそうですが、逆に言えば秤を仲間に出来れば新キャラの綺羅羅も仲間になりそうですね。

 

お互いの思惑が蠢く中でどんな展開になっていくのか楽しみです!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話154話感想考察!綺羅羅先輩は男!?謎の術式が気になる!

 

 

呪術廻戦最新話152話感想考察!禪院家の終わりと西宮の涙!直哉にトドメを刺した母親の想いは?

 

呪術廻戦最新話151話感想考察!真希と直哉の亜音速バトル!直哉の甚爾への想いが強すぎる!