呪術廻戦最新話154話感想考察!綺羅羅先輩は男!?謎の術式が気になる!

呪術廻戦最新話154話感想考察!綺羅羅先輩は男!?謎の術式が気になる!

呪術廻戦最新話154話ネタバレ感想!

 

前回ようやく連載再開となった「呪術廻戦」

久々という事もあって物語も新たな展開を迎える事となりましたね。

 

名前だけは初期から登場していた秤先輩に加えてもう一人の女性キャラも登場。

どちらも一筋縄ではいかないキャラでしょうし、中々面白くなってきましたね。

 

そんな中で迎えた今回の154話。

色々と衝撃的な事実が明らかになったりしつつもテンポよく本題に入ってくれていました。

 

気になる部分をまとめてみたいと思います!

 

前回はこちら→呪術廻戦最新話153話感想考察!遂に秤先輩が登場!虎杖と伏黒で新章スタート!

 

呪術廻戦最新話154話「潜入」

 

今回のサブタイトルは「潜入」という割とシンプルなもの

とはいえ内容としても「潜入」している訳で別に間違っている訳でもありません。

 

しかし巻末での芥見先生の作者コメントによれば、しばらくずっと渋谷事変が続いていたせいで「サブタイトル筋」が衰えているとの事。

そう言われてしまうと確かに「潜入」というサブタイトルはシンプル過ぎるよなぁと思ったりしちゃいますね。

 

パンダが近づけない理由

 

秤を勧誘する為に虎杖&伏黒よりも先に賭け試合へと参加していたパンダ。

伏黒は虎杖を賭け試合に参加させ、自らはパンダを接触を図っていました。

しかしそこで伏黒が気になったのはパンダがまだ秤と会えていない理由

 

パンダとしては秤の居場所は分かっているようで、それが屋上にあるモニタールーム。

しかしそこに秤がいると分かっていてもパンダは近づく事が出来ない状態となっていました。

 

屋上に出てからドアに近づいても距離が縮まらず、歩いても走っても駄目。

感覚としては五条悟の術式と近い感覚をパンダは味わっていたのでした。

 

そして当然その謎の術式を使っているのは前回登場した綺羅羅先輩。

しかしそこで綺羅羅先輩に関する驚きの情報が明かされる事に

 

綺羅羅先輩は男??

 

綺羅羅という名前が出てきたものの、伏黒はもう一人の3年が男だと聞いていた様子。

それだけに少し戸惑うも、パンダもあまりその辺りには無関心なのか当然のように「男だよ」と返すのでした。

 

久しぶりに可愛い感じの新キャラが登場したと思ったらまさかの「男」だったんですか綺羅羅先輩!??

しかし綺羅羅先輩が男だとしたら秤もそういうタイプだったりするんでしょうか?

 

今の時代らしいと言えばそれまでですがちょっと気になりますね。

 

パンダの作戦

 

綺羅羅がいる以上は近づけず、逃げ回られるよりはと思って客寄せパンダに徹していたパンダ。

そんなパンダは人たらしな部分のある虎杖は秤と相性が悪くないと考えていました。

 

それだけに重要なのは虎杖と秤が話す時間。

その為にパンダは秤と虎杖を二人っきりにして、その間は立体駐車場を制圧してしまうという作戦を提案します。

 

監視カメラの位置や死角もパンダは把握済み。

しかも見張りの人数もそれほど大したことがなかった事で伏黒もその提案に乗る事に。

懸念事項は綺羅羅の術式だけであり、もしもワープ出来たり仲間を出したり入れたり出来た場合は説得を諦めるという前提の元で作戦をスタートさせるのでした。

 

こういう会話の中でパンダの有能さが伝わってきますよね。

あんな事があったのに虎杖を変わらず高く評価してくれているのもポイント高いです。

 

伏黒の術式の進化

 

伏黒とパンダが作戦を練る中で、当然のようにあっさり優勝していた虎杖。

深夜1時に秤の部屋に入れそうだと伏黒に連絡をすると、綺羅羅に案内されて秤の元へと連れていかれる事に

 

初めて会ったというのに虎杖の事を「悠ちゃん」呼びしてくる綺羅羅

秤が中学をダブっているという謎の情報まで教えてくれたりとやたらとフレンドリーな彼女(彼?)

どうやら秤(金ちゃん)が熱くなっている現状が嬉しいようで、自分は熱い金ちゃんが大好きなのだと堂々と言い放つのでした。

 

秤が怪しげな悪い男という雰囲気しか出していないせいもあって、何故綺羅羅がそんなに秤の事を好きなのかがよくわかりませんね。

ここから秤を格好良いと思わせるような展開がきたりするんだろうか?

 

その一方で1時ジャストに行動を開始した伏黒。

いつの間にか見張りの男の影に隠れて忍び込んでいたようで、背後から見張りの男を一瞬で絞め落としてしまいます。

ガムテープで口を塞いで結束バンドで両手の指を結んだりと妙に手慣れている感のある伏黒は、近づいてきたもう一人の見張りも監視カメラに映らない位置で仕留めてしまうのでした。

 

いつから影に潜んでいたのかは不明ですが、この影に入り込める能力は非常に強いですよね。

なんなら戦闘中にだって効果的な気がしますし、そもそも相手は影に潜んでいる伏黒を攻撃出来るのかも気になる所です。

やっぱりこういう術式の応用力の高さを見ちゃうと、禪院家でもこの術式が一番の当たりだったんじゃないかなぁと思いますね。

 

そんなスタイリッシュな伏黒に対してパンダの方は、客寄せパンダモードで油断させておいて見張り二人を瞬殺

彼らが持っていた魚肉ソーセージをゲットして早速食べていたのでした。

・・・しかし客寄せパンダモードでも全然可愛くないよなぁ・・・パンダ先輩は・・・。

 

綺羅羅の術式とは!?

 

大した苦労もせずに屋上へと無事に辿り着いた伏黒とパンダ。

しかしそこで早速部屋の外にいた綺羅羅と遭遇してしまう事に。

 

綺羅羅は伏黒の事を知らなかったものの、パンダの手引きで侵入したという事で高専の人間だと断定

そしてそうだとすれば虎杖も高専の人間のはずだとすぐに気づきます。

 

秤が危ないとすぐにスマホに手をかけるも、それを許さないとばかりに玉犬の「渾」で攻撃を仕掛ける伏黒。

しかしその攻撃は綺羅羅へは届かず、何故か玉犬自体が伏黒の所へとふっ飛ばされてしまう事に

その時点ですでに玉犬やパンダ、そして綺羅羅自身の頭部には何やら光るマーキングの印のようなものが

 

秤の元へと戻ろうとする綺羅羅をなんとか止めようとパンダは声をかけるも、パンダと綺羅羅の距離は変わらず。

仕方なく伏黒は扉の前に玉犬を呼び寄せると、綺羅羅の方も玉犬には何故か近づけない状態

しかし今度は伏黒自身が玉犬の方へと呼び寄せられてしまい、玉犬とは離れられない状態になってしまうのでした。

 

 

という事で、近づこうとしても近づけないという点では確かに五条悟の無限っぽい雰囲気もある綺羅羅の術式。

しかし当然そんなに便利かつ無茶苦茶な術式のはずもありませんし、イメージとしては磁石って所でしょうか。

 

ちなみにマーキングされているパンダの身体には「Imai」という文字と星のマークが刻まれていて、これが何かしらの意味を持っているのだと思われます。

「Imai」ってどういう意味があるんだろうか?

 

秤からの謎の問いかけ

 

綺羅羅の謎の術式に伏黒とパンダが苦戦する一方で、虎杖は秤から謎の質問をされていました。

 

「1日1時間ある事をするだけで月収100万円に・・・!!」って言われて信じるか?

 

という明らかに胡散臭い質問をしてきた秤。

何だかネットの広告なんかでよくある怪しさ満点の文言みたいですよね。

 

一応秤は虎杖の強さを認めてくれたはずであり、既に結構気に入っているのだと思います。

それだけにこの質問にも秤にとっては結構意味がある質問だとも考えられるんですよね。

 

・・・まあその意味は全くわからないのですが・・・。

 

呪術廻戦最新話154話ネタバレ感想まとめ

 

という事で早速気になっていた綺羅羅の術式が描かれていた今回。

本当に男なのかという問題もありますが、秤を好きな気持ちは本当なんでしょうね

 

とはいえ綺羅羅に好意を寄せられている秤の方は虎杖に怪しい質問をしていました。

外見の怪しさもあって完全に詐欺師っぽく見えてきてしまっていますが、この質問にどんな真意が込められているのかは注目ですね。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話155話感想考察!激突する虎杖と秤!保守派の考えも面倒過ぎる!

 

呪術廻戦最新話153話感想考察!遂に秤先輩が登場!虎杖と伏黒で新章スタート!

 

呪術廻戦最新話152話感想考察!禪院家の終わりと西宮の涙!直哉にトドメを刺した母親の想いは?