怪獣8号最新話42話ネタバレ感想考察!急成長のキコルと再びの怪獣9号の襲来!

怪獣8号最新話42話ネタバレ感想考察!急成長のキコルと再びの怪獣9号の襲来!

怪獣8号最新話42話ネタバレ感想

 

第1部隊でのカフカやキコルの新たな戦いが始まった前回の41話。

今回は二人を中心に物語が進みながらも敵側の思惑が描かれる事となりました。

キコルの成長やカフカの成長も感じますが、それ以上の脅威がすぐ側に迫ってきているような印象でしたね。

 

前回はこちら→怪獣8号最新話41話ネタバレ感想考察!鳴海はダメ人間だけど子供達のヒーロー!

 

怪獣8号最新話42話ネタバレ感想

 

保科やミナの強さを目指して!

 

前回かなりド派手な形で登場してきた蟻型の怪獣達。

カフカとキコルは鳴海から蟻達を倒すという結果を求められる事に

四ノ宮功からも生き残る為に有用性を示すよう言われていたカフカは、功がくれたチャンスに必ず応えると意気込んでいました。

 

そんな中でまず動いたのはやはりキコル。

前回の戦いから使っていた愛用の斧と共に戦場へと出ていく訳ですが、キコルはもう登場しただけでも凄みを感じさせてきます。

鳴海はキコルの援護するよう東雲小隊に指示を出していたものの、キコルは単体で蟻型怪獣を蹴散らしていく事に

 

そんなキコルの強さは歴戦の猛者達揃いの第1部隊のメンバー達も驚きを隠せない程。

しかしここでのキコルの心の中の声がまた良かったです。

 

足りない

保科副隊長はもっと速かった!!

亜白隊長の一撃はもっと重かった!!

 

と、第1部隊に来たものの第3部隊の事を全然忘れていないのがちょっと嬉しいですよね。

第1部隊はもちろん凄い部隊なんでしょうが、第3部隊だって凄い部隊だったんだと感じさせますし。

 

ってかキコルってカフカがいなかったら本作の主人公でも良かったくらいのキャラだよなぁと思います。

既に十分強いキコルがこの先どういう成長を遂げていくのかも見所でしょうね。

 

東雲小隊長が中々可愛い件

 

圧倒的なキコルの強さを見ても、冷静に悪くないねとつぶやいていたのが東雲小隊長

前回の第1部隊メンバー総登場の場面で描かれていた女性こそが東雲小隊長だったようで、やはり目立つ感じで描かれていたメンバーはそれぞれが小隊長なんでしょうね。

 

そんな余裕をカマしていた東雲小隊長でしたが、背後から迫ってくる蟻型怪獣をキコルに先に倒されてしまいます。

 

東雲小隊長 油断なさらず

 

と、キコルからはいきなりナメられてしまう事に。

が、そんなキコルの発言に対して地味にちゃんと腹を立てながらも、東雲小隊長はガトリングタイプの武器を構えます。

 

四ノ宮キコルだっけ?

あんたいい性格してんじゃん 仲良くなれそうだわ

 

と、新人にいきなり調子に乗られても一応我慢してこんな風に返しているんだから東雲小隊長はちょっとだけ大人っぽいですね。

とはいえ怒りを完全に隠しきれてはいませんし、基本的には好戦的なタイプのキャラなんでしょうけどね。

 

ちょっとキツめですが結構好きなタイプのキャラです。

女性キャラにガトリング砲を装備させている辺りも良いですよね。

 

蟻型怪獣の目的

 

1年目だというのに怪獣を相手に無双するキコルには流石の第1部隊のメンバー達も驚いている様子。

副隊長の長谷川は鳴海の1年目よりも強いんじゃないかと言っているくらいですし、なんだかんだキコルってやっぱり防衛隊の歴史に残るくらいの天才である事は間違いないんでしょう。

 

しかしそんな中で鳴海が気にしていたのは蟻型の怪獣達の目的

 

そもそも蟻型の怪獣は地上に滅多に出てくる事はないようで、稀にトンネル工事や地下で遭遇する程度。

こんなに大規模に地上に現れてきたのは史上初であり、それだけに鳴海はその理由を気にしていました。

 

怪獣本来の性質とは違う行動を取るという点においては立川基地の件と似ている。

そう感じた鳴海は、今回もなんらかの狙いを持った厄介な司令塔が参戦していると推察するのでした。

 

そもそも怪獣ってどこから来てるんだろうという疑問もありましたが、ここでの会話を見ると蟻型の怪獣なんかは最初から地下に生息していたりするんでしょうね。

そう考えると空を飛ぶ怪獣達も普通にどこかしらに生息してたりするかもしれませんし、思ったよりもこの世界って怪獣が近い存在となっているのかもしれません。

 

カフカの新たな力「部分変身」

 

キコルがその力を見せつけていた一方、ようやくカフカも動き出す事に。

そして司令部では四ノ宮功や幹部達がカフカの怪獣8号の対怪獣戦闘能力を確認しようとしていました。

 

オペレーターからも「怪獣8号」呼びされていたりとイマイチ人間扱いをされていないカフカ。

そんなカフカは蟻型と早速遭遇するも、怪獣化はせずに「部分変身」の力によって交戦する事に

 

元々スーツの力をほとんど発揮出来ていないカフカでしたが、部分的に変身する事によって身体能力を向上させて戦うつもりだったようです。

足だけを部分的に強化したり、殴る際に拳だけを強化したり

あくまでも人間として皆に認めてもらうつもりのカフカですし、そういう能力の使い方が出来れば一番ではありますよね。

 

そんな新たな力の使い方で戦うカフカでしたが、悲しいかなやはり部分変身では火力が足りず

蟻型にはダメージを与える事も出来ず、上層部も何故変身しないのかと疑問に感じている様子。

カフカ自身も部分変身の力では怪獣を倒せないと気づいていたものの、やはり怪獣8号として暴走してしまった時の記憶が心に残っているようで、完全に変身する事には躊躇してしまうのでした。

 

前回は仲間達というかミナとの約束を果たすという強い想いによってなんとか戻ってくる事が出来ましたが、カフカとしてはやはりコントロール出来ていない力を使うのは怖い所でしょう。

最悪の場合は仲間達を傷つけてしまう可能性がある訳ですしね。

 

変身出来ないカフカと迫る怪獣9号の魔の手

 

怪獣化する事に躊躇してしまうものの、蟻型怪獣を倒す為にはやはり迷っている場合ではないと思い直すカフカ。

生き延びてミナの隣に立つ為にもと怪獣8号の力を解放する事に

が、カフカの変身は何故か失敗に終わってしまい、カフカは蟻型怪獣から強烈な一撃を貰ってしまいます。

 

怪獣8号に変身出来ない事に困惑するカフカでしたが、そこでオペレーターから討伐区域内に新たに強力な怪獣の反応があった事を知らされる事に。

しかも本獣発生のポイントとして告げられた場所はカフカの直下でした。

 

次の瞬間カフカのすぐ側の地面を割って現れた新たな蟻型怪獣。

そしてその蟻型怪獣の頭部にはカフカと因縁深い怪獣9号の姿が

怪獣9号がカフカの近くに狙いすましたかのように現れた事で、鳴海は敵の狙いが怪獣8号なのだと気づくのでした。

 

という事でそもそも蟻型怪獣と関係があるのかも不明だった怪獣9号が登場となりましたね。

蟻型怪獣と融合しているような姿でもあり非常に不気味で、しかもカフカが怪獣8号になれないタイミングなのも最悪です。

 

というかもしかしたら怪獣9号こそがカフカが怪獣8号になれない状況を作り出している・・・とも考えられそうですよね。

9号は割と頭脳派で嫌らしい性格してますし、怪獣の力をコントロールする術なんかを知っているなんて事もあり得るのかもしれません。

 

怪獣8号最新話42話ネタバレ感想まとめ

 

という事でキコルの活躍とカフカの迷いが描かれ、更には怪獣9号も動き出していた今回。

正直怪獣9号は怪獣8号としてのカフカの相手にはなっていない印象でしたし、そこまで恐ろしい存在とも思えません

 

しかし当然ながら準備万端でこの場にやってきている訳ですし、相手が怪獣8号であっても大丈夫だという状態ではあるのでしょう。

早速カフカが大ピンチとなってしまっていますが、果たしてこの窮地をどうやって乗り越えていくのか。

 

カフカにとっては因縁の相手でもありますし、ここでなんとか怪獣9号との決着をつけて欲しい気もしますね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

怪獣8号最新話41話ネタバレ感想考察!鳴海はダメ人間だけど子供達のヒーロー!

 

怪獣8号最新話40話ネタバレ感想考察!カフカが第1部隊に加入でエピソード5開始!