呪術廻戦最新話155話感想考察!激突する虎杖と秤!保守派の考えも面倒過ぎる!

呪術廻戦最新話155話感想考察!激突する虎杖と秤!保守派の考えも面倒過ぎる!

呪術廻戦最新話155話ネタバレ感想!

 

遂に虎杖が秤先輩と対面していた前回。

割と相性が良さそうな二人という事でどうなるのかと思っていましたが、当然ながら素直に協力してくれるような展開にはなりませんでした

虎杖と秤先輩という強キャラがぶつかり合う展開はやっぱり面白くなりそうですけどね!

 

そんな155話の気になる部分をまとめてみたいと思います!

 

前回の154話はこちら→呪術廻戦最新話154話感想考察!綺羅羅先輩は男!?謎の術式が気になる!

 

 

呪術廻戦最新話155話「熱」

 

今回のサブタイトルは「熱」

秤の考え方の部分を表したわかりやすいタイトルではありますが、前回の芥見先生のコメントを読んでしまうとかなりサブタイトルに苦戦しているのかなぁとも思ってしまったり。

 

秤先輩は熱を愛する男

 

前回ラストで明らかに胡散臭い詐欺師っぽいセリフを虎杖に投げかけていた秤先輩。

 

1日1時間あることをするだけで月収100万円・・・・と言われて信じるか?

 

そんな問いかけに対して虎杖は「あること次第」だと返します。

が、それに対して測り先輩はその「あること」を知る為には20万円の情報商材を買わなければならない・・と更に詐欺師っぽい手口を語り始める事に。

 

当然それは信じられないと虎杖が感じると、このやり方が典型的な詐欺だと秤先輩は語ります。

そしてこんな事は普通に考えれば分かる事ながらも、騙される奴もアホ程いるのだと。

 

その理由は「熱」であり、騙す側も騙される側も持っているという「ここで人生変えてやろう」という熱。

そんな「熱」に浮かされてしまうから人は判断を誤るも、だからと言って「熱」がなければ人は恋さえも出来ない。

秤先輩はそう考えている「熱」自体を愛してさえいて、よりダイレクトな「熱」のやり取りこそがギャンブルだと考えていました。

 

生きる事自体がギャンブルであり、大きく張れない奴と引き際を知らない奴がこの社会から振り落とされていく。

ギャンブルをしていない人間なんておらず、彼らが憎んでいるのは賭け事ではなく敗北や破滅。

 

そんな理解出来るようなそうでもないような持論を展開していく秤先輩。

自らが愛する「熱」はギャンブルであり、そのギャンブルこそが人生

愛とは支配であり、ゆくゆくは賭け試合(ファイトクラブ)によってこの国の「熱」を支配する事こそが秤先輩の目的でした。

 

呪霊の存在が公表されてしまい、総監部も機能していないこのタイミングこそがチャンス。

呪術規定の改定に乗じて賭け試合の存在を公に認めさせるべく優秀な駒を必要としており、秤先輩はその為に虎杖の事をスカウトするのでした。

 

 

何だかこんなタイミングで何好き勝手やってるんだと思っていましたが、秤先輩にとってはこの混沌とした状況がむしろチャンスだった訳ですね。

名前通りにギャンブル大好きキャラでしたが、根本的な部分は虎杖とは全然似てもいませんね。

基本的には自分大好きって感じのキャラに思えますし。

 

激突する虎杖と秤先輩

 

俺の「熱」に浮かされてみないか?

 

そんな風に虎杖をスカウトしてくる秤先輩。

しかしそのタイミングで秤先輩のスマホには誰かから着信が

秤先輩はそこで突然話題を切り替えて虎杖に飲み物を勧めてきます。

 

酒を勧められた虎杖がそれを断ると、五条悟も下戸なのだと語りだす秤先輩。

 

虎杖は五条悟を知っているとマズイと考えて知らないフリをするも、そもそも五条悟を知らない術師なんてこの世界にはほぼ存在しないようなもの

つまり五条悟を知らないフリをしたという事は何かを隠して自分に近づいたのだと秤先輩は罠を仕掛けていたのでした。

 

という事でそんな罠にあっさりと引っかかってしまった事で高専の回し者だとバレてしまった虎杖。

秤先輩は自動ドアみたいなもの(電車のドアっぽい?)を出現させるとそれで虎杖へと攻撃を仕掛けます。

 

それを虎杖が回避するのに合わせて接近戦を仕掛けてくる秤先輩。

再度ドアの術式によって虎杖を挟んでくると、綺羅羅からの着信は異常事態の合図なのだと語ります。

 

謎の術式によって防戦一方になってしまう虎杖の脳裏に浮かんでいたのは、自分達はあくまでも秤先輩に協力をお願いしに来ている立場という伏黒の言葉。

 

でしたが、当然殴られっぱなしのままのはずもない虎杖。

思いっきり頭突きを食らわせるも秤先輩は全く聞く耳を持ってくれませんでした。

 

綺羅羅とちゃんと連携が取れている秤先輩。

まぁこんなファイトクラブを運営しているくらいなので警戒心が高くて当然と言えば当然ですが。

 

しかしギャンブルが関係している術式かと思ったら、何故か自動ドアみたいなものを出してきたのは謎ですね。

これが秤先輩にとってのメイン術式なのか、それとも術式の一部にしか過ぎないのか?

近接戦もかなり強そうですし、当然ながら術式が強力だったら相当強いキャラなんでしょうね。

どの辺りにギャンブル要素があるのか注目です。

 

思ったより面倒そうな保守派

 

綺羅羅の謎の術式によって膠着状態となっていた伏黒やパンダ。

しかし膠着状態になるのは別に悪い事ではないと、伏黒は今の自分達の状況を説明する事に

 

正確には自分達は高専側ではない事。

未曾有の呪術テロがあった事で各地が大変になっている事。

そしてこの状況では秤先輩の協力が必要である事。

 

が、それに対してそっち(高専側)が自分達をハブったのだから自業自得だと語る綺羅羅。

上層部と何があったのかという質問にはパンダが答えてくれる事に。

 

保守派と揉めていたという秤先輩。

しかし保守派の「保守」とは呪術規定に対してのスタンスの話だけではないのだそう。

 

「呪術」とはこうあるべき・・・という思想が彼らにはあるようで、釘崎の術式なんかが保守派好みの呪術らしい呪術との事。

昔流行った「呪いのビデオ」なんかも時代が進めば呪術と絡む事もあるのだそう。

 

が、それが術式にまで及んでしまうと保守派はうるさいとの事。

 

秤先輩の術式は保守派が嫌う術式の典型のようで、だからこそ上のバカ達は負けるのだと綺羅羅は考えていました。

 

この辺りの話は相変わらず上層部のクズっぷりを補強してくれていますが、どうしても気になってしまうのは楽願寺学長の術式でしょうね。

あの人保守派筆頭なのにエレキギター使ってましたし・・・

とはいえ音楽は昔からある訳ですし、琵琶だとか三味線だとかからの派生だと考えたら全然OKなのかもしれませんが。

 

まぁ術式を選り好みする保守派が最悪だという事がよく分かる話となっていましたね。

確かに釘崎の術式は「呪い」をイメージしやすい古典的な印象ですが、他にはどういう術式を好んでいるんでしょうか?

 

相変わらずの五条の影響力

 

上層部の奴らに対してかなり怒りを感じている様子の綺羅羅。

しかし彼女が気にしていたのは、どうせ伏黒やパンダのような高専生は五条悟にいくらでもケツを拭いてもらえるだろう・・・という事。

 

彼がいる以上は自分達を頼る必要もない訳で、近づいてきたのには何か他の理由があると考えるのが普通。

 

そんな割と普通の考え方の綺羅羅に対して、五条悟が封印された事で敗北したのだと伝える伏黒。

 

しかしそれに対する綺羅羅の反応はほぼ「無」

五条悟を知っている人物であれば、五条悟が封印されるなんて事態が起こるとは信じられないんですね。

まぁパンダも「気持ちは分かる」と考えていますし、渋谷事変を経験していない術師にとってはその反応が当たり前でもあるんでしょう。

 

しかし封印された今なお存在の大きさが邪魔してくるというのが五条悟を表していますよね。

影響力が大きすぎてこの事態になっても迷惑な辺りがちょっと面白いです。

 

気になるのは綺羅羅の発言で、自分と秤は五条悟にケツを拭いてもらえない・・・と言っているようでもありました。

停学中とは言われていましたが、やっぱりただの停学というレベルではなかったのかもしれませんね。

それこそ五条でさえ手出し口出し出来ないような状況に追いやられていたりしたのかも。

 

脱兎で綺羅羅の術式攻略なるか!?

 

五条封印の話を全く信じてくれない綺羅羅。

しかし綺羅羅は秤先輩に一番近い存在なだけに、綺羅羅を説得出来れば秤との交渉が上手くいくと考えた伏黒。

 

そんな伏黒が出したのは激しい戦闘には向かないはずの「脱兎」でした。

撹乱的な使われ方をする「脱兎」によって伏黒は綺羅羅の術式の攻略に挑む事に。

 

秤先輩の術式も謎ですが、相変わらず綺羅羅の術式もよく分かっていません。

大量の兎によってどうやって綺羅羅の術式を攻略するのか注目ですね。

 

しかし地味に気になったのが、今回ラストのコマで伏黒が大きめに息を吸い込んでいる事。

息を止める事が何か意味があったりするのかもしれませんね。

 

 

呪術廻戦最新話155話ネタバレ感想まとめ

 

という事で早速虎杖と秤先輩が激突する事になった今回。

どんな術式なのかはさっぱりわかりませんでしたが、虎杖とも真っ向から渡り合えるゴリラタイプである事も間違いなさそうですね。

 

渋谷事変後には乙骨という特級術師と戦って敗北している虎杖。

秤先輩はそんな乙骨が自分よりも強い時があると語っていた程の相手ですが、果たして虎杖はどうにか出来たりするんでしょうか。

あんまり強すぎるとまたしても虎杖の敗北となりそうですし、弱すぎると仲間にする意味がなさそうですし、中々バランスが難しそうな気がしますね。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

呪術廻戦最新話156話感想考察!綺羅羅の術式が予想以上に複雑だった件

 

呪術廻戦最新話154話感想考察!綺羅羅先輩は男!?謎の術式が気になる!

 

呪術廻戦最新話153話感想考察!遂に秤先輩が登場!虎杖と伏黒で新章スタート!