呪術廻戦最新話156話感想考察!綺羅羅の術式が予想以上に複雑だった件

呪術廻戦最新話156話感想考察!綺羅羅の術式が予想以上に複雑だった件

呪術廻戦最新話156話ネタバレ感想!

 

秤との本格的な戦いが始まってしまった前回

しばらく落ち着いたゆっくりした展開になっていただけに激しい展開で盛り上がりそうでしたよね。

 

そんな中で迎えた今回の156話。

描かれていたのはもう1つのバトルとも言える伏黒&パンダVS綺羅羅でした。

しかしこれがまた本作らしいというべきかHUNTER×HUNTERっぽいというべきか、とにかく複雑な能力バトルとなっていました。

 

気になる所をまとめてみたいと思います。

 

前回の155話はこちら→呪術廻戦最新話155話感想考察!激突する虎杖と秤!保守派の考えも面倒過ぎる!

 

呪術廻戦最新話156話「きらきら星」

 

脱兎を使った理由

 

前回のラストで何故かそれほど攻撃的ではない「脱兎」を呼び出していた伏黒。

溢れかえる程の兎で屋上が一杯になってしまう中で、伏黒は兎を呼び出した事による変化を確かめようとしていました。

 

呼び出したばかりの兎にマーキングされていた文字は「アクルックス」

そして秤と虎杖が入った部屋の扉には「ガクルックス」という文字が

 

綺羅羅の術式は呪力にマーキングするようで、式神は術師と同一の扱い。

なので大量に兎を呼び出したとしても、それらは全て引き寄せられてしまい伏黒自身が押しつぶされてしまうのだそう。

しかし実際にはそうなる前に伏黒自身が脱兎を解除する事に

 

脱兎を解除した伏黒はすぐにパンダ先輩に兎が何に近づけて何に近づけなかったのかを確認。

すると、兎はパンダには近づけたものの綺羅羅と扉には近づけなかった事が発覚。

 

そこで伏黒はパンダの体にも何かマークが刻まれていないかと呼びかけると「イマイ」という文字を発見

伏黒は兎と同じ「アクルックス」が自身に刻まれている事を確認すると、綺羅羅の術式のタネが「星座」である事を見抜くのでした。

 

前々回の時点でパンダには「Imai」という文字が刻まれているのが分かっていましたが、これが星座の名前だったと気づけた人はそんなにいなさそうですよね。

検索しても「イマイ」では中々星座が結果に表示されなさそうですし。

 

綺羅羅の複雑な術式

 

自身の術式が星座に関係している事くらいは割と気づく奴もいるのだと自覚していた綺羅羅。

しかし伏黒がそれに続いてモチーフとなっている星座が「南十字」であると言い出すと綺羅羅も思わず気づかれたという顔を出してしまう事に

とはいえ伏黒自身も確証はなかったようで、綺羅羅の表情を見た事で確信したという辺りが流石でした。

 

どうやら津美紀に南十字の星座の事を教えて貰っていた様子の伏黒。

しかし残念ながら伏黒に分かるのは南十字座が4つの星で構成されている事くらい

という事で何故か近づけるパンダと綺羅羅の術式について考える事に。

 

綺羅羅の術式はそれぞれの対象に南十字の星を割り振って適当な距離を取らせるもの。

そう考えていた伏黒でしたが、綺羅羅は星に近づけたり、伏黒とパンダが近づく事も出来る。

だからこそこの術式はそれぞれに近づける順番があるのではないかと伏黒は考えます。

 

綺羅羅自身が部屋の中へと逃げ込まない事、そして順番が決まっているとした場合には伏黒かパンダのどちらかが綺羅羅もしくは扉に近づけるはずであり、それが出来ない事から間に5つ目の星がありそこを経由する必要があるのだろうと。

 

うーん、わかりやすく説明はされているのですが、さらっと読んでいるとなんのこっちゃと思ってしまうような術式ですよね。

ってかこれを使いこなすのって相当に難しいというか、戦いに活かす為にはセンスが必要になってきそうです。

まぁサポート向けの能力として考えたら結構使えそうな気もしますが。

 

綺羅羅の術式「星間飛行」

 

自らの術式がある程度バレてしまったと気付き、あえて自分から攻める事にした綺羅羅

屋上の駐車場にあった車をジャンプして踏みつけると同時にマーキング。

 

マーキングした文字は「イマイ」であり、車は同じマークを刻まれているパンダに向かって飛んでいってしまいます。

パンダは自慢の腕力でどうにか車をぶん投げるも、投げた所で同じマークである以上は自分の所に戻ってきてしまうのでした。

 

そんな状況で伏黒はもう1つの星を探しながら更に綺羅羅の術式を考察する事に。

 

マークをつけるのには対象に触れる必要があるはずで、しかし触れられていない伏黒にマークがある以上、綺羅羅は物ではなく呪力にマークをつけている。

そして扉や車のような物にマークする為には予め誰かしらの呪力を籠めておかなければならない

 

そう考えた伏黒は車から綺羅羅以外の呪力の残穢を確認し、同じ要領で駐車場の車止めに残穢を確認すると同時に5つ目のマークを発見します。

 

自分とパンダ、綺羅羅以外の残穢は見当たらず、しかも綺羅羅は自分の呪力にもマークをつけている状態。

この状態であれば物に伏黒と同じ「アクルックス」のマークをつける為に自分の呪力は使えず、そうなればパンダにやったように物を飛ばす事も出来ない。

5つ目のマークである「ミモザ」に触れた事でようやく綺羅羅に近づける・・・・そう伏黒は考えるも、思惑とは違い綺羅羅は「アクルックス」をマークした様々な物を飛ばして攻撃してくるのでした。

 

綺羅羅の術式は「星間飛行(ラヴランデヴー)」

南十字座をモチーフとした5つの星(マーク)を対象の呪力に割り振り、星と星が近づく為には定められた順序を守らなければならず、同じ星同士は引き寄せ合う関係に。

 

そして肝心のその順序とは星座の奥行き。

それぞれの星は地球からの距離が異なっていて

 

地球→ガクルックス→ギナン→ミモザ→アクルックス→イマイ・・・という感じ。

だからこそ「アクルックス」をマークされた伏黒は扉に到達するまでにミモザとギナンを経由しなければならない状態になっていたのでした。

 

伏黒にそんな術式の秘密を気づかれていた綺羅羅。

しかしそれでも至って冷静で、自らにマークしていたギナンを外して飛ばす物に改めて「アクルックス」のマークをする事で攻撃を可能にしていたのでした。

 

という事で、あんまり攻撃方法もなさそうな術式かと思いきや、マーキングさえ出来れば色々と攻撃方法もありそうですね。

なんとなく「ワンピース」に登場した「マトマトの実」っぽい使い方が出来そうです。

 

術式の攻略法

 

自分と同じ星をつけられた物を大量に飛ばされてしまった伏黒。

重量のある物だけにかなり激しい攻撃となっていたものの、そのタイミングで綺羅羅の背後には何故か伏黒の玉犬の姿が

 

突然背後から現れた玉犬に捕まってしまう綺羅羅。

どこから現れたのかと動揺するも、そもそも伏黒が一度も玉犬を解除していなかったのだと気付きます。

 

同じ星同士が引き寄せ合うのを察知した上で、自分と玉犬の間に壁を挟んでおいた伏黒。

玉犬は引き寄せられてはいるものの壁に引っかかった状態で、伏黒は自分と玉犬の線上に綺羅羅がやって来たタイミングで玉犬を放っていたのでした。

 

これによって玉犬ごと伏黒の元へと引き寄せられてしまい、仕方なく「星間飛行」を解除する事になった綺羅羅

伏黒は多少のダメージは負ったものの無事に綺羅羅を確保し、話を聞いてくれるようお願いするのでした。

 

という事で、かなり複雑な綺羅羅の「星間飛行」

引き寄せ合う能力が非常に強い事もあり、色々とマーキングするとそれだけリスクもありそうな気がしますね。

少なくとも式神使いである伏黒とは相性が悪そうな能力とも言えそうです。

 

呪術廻戦最新話156話ネタバレ感想まとめ

 

伏黒と綺羅羅の頭脳戦でもあった今回。

改めて伏黒って冷静で有能な奴だなぁと感じる展開でもありましたね。

 

綺羅羅の術式は予想していたよりもかなり複雑なものとなっていて、これを初見で打ち破った伏黒は流石過ぎますよね。

というか南十字座の事を知らないと何が何だかさっぱりでしょうし、普通に攻略するのは相当に大変な気がします。

なんとなく綺羅羅のこの術式と東堂の術式をコラボさせたら色々と凄い事になりそうな予感がしますけどね。

 

これにて片方の戦いが終わりましたが、もう一つの虎杖と秤の戦いがどうなるのかも注目です!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話157話感想考察!虎杖と秤の信念のぶつけ合い!虎杖の今の想いが悲しい!

 

呪術廻戦最新話155話感想考察!激突する虎杖と秤!保守派の考えも面倒過ぎる!

 

呪術廻戦最新話154話感想考察!綺羅羅先輩は男!?謎の術式が気になる!