ワンピース最新100巻のSBS情報まとめ!うるティの過去やブラックマリアの能力について

ワンピース最新100巻のSBS情報まとめ!うるティの過去やブラックマリアの能力について

ワンピース最新100巻ネタバレ感想!

 

遂に「ワンピース」が100巻に到達!!!

一本道のストーリー漫画で全く勢いが衰えずに100巻を迎えたというのが本当に凄すぎますよね!

 

本誌の方でも1000話を突破し、まだまだ続いているワノ国編も毎週のように激熱な展開が続いています。

アニメの方でもそろそろヤマトが登場という事で、アニメの方も更に盛り上がっていくでしょう。

基本アニメはほぼ見ていないのですが、なんだかんだ討ち入り後半の辺りは見てみようかなぁと思ったり

 

そして肝心の100巻に収録されているのは1005話から1015話までの11話分。

ルフィとカイドウの戦いや、赤鞘達の戦いなど相変わらず非常に濃い内容となっています。

 

そして単行本の楽しみと言えばやはりSBS

100巻でもくだらないネタにも真面目なネタにもしっかりと尾田先生がお答えしてくれています。

その中で気になる質問をいくつか取り上げてみたいと思います!

 

99巻はこちら→ワンピース最新99巻ネタバレ!SBS情報まとめ キッドの実が判明!ロジャーと赤ん坊の謎も

 

ワンピース100巻SBSの気になる質問

 

単行本では表紙のカバー部分の作者コメントも非常に面白いですよね。

尾田先生らしいコメントでいつも楽しませてくれている訳ですが、今回は100巻という事でちょっとグッと来てしまう文面となっていました。

どこまで行っても尾田先生は変わらない人なんだろうなぁと感じますし、それだけにSBSスタートの所でのはっちゃけっぷりが余計に面白くなってくるんですよね。

 

最初は安定の

 

SBSスタートといえば尾田先生がスタートを読者に乗っ取られるのが定番ですよね。

記念すべき100巻もそれは変わらず、相変わらず見事に乗っ取られています。

 

そして乗っ取り質問に続く質問はどれもエロネタ系ばかり

とはいえそういう質問を続ける事で一連のネタになっているのが面白いんですし、尾田先生がある意味では一番ノリノリとも言えそう。

「さなだっち」さんとかもう完全なるSBSのレギュラーみたいなものですし。

 

ジンベエの「お控えなすって」

 

ジンベエ加入時の名台詞と言えば「お控えなすって」

この台詞を時代劇のスーパーベストCDの中の「てなもんや三度笠」の歌詞の中で見つけたとの事で、ここからとったのですか・・・という質問。

 

尾田先生によれば、「おひけェなすって!!」で始まる台詞は時代劇や任侠映画なんかでよく聞く事が出来るとの事。

ざっくり言えば昔のヤクザのご挨拶で、自己紹介の初めに「ちょっと聞いてくださいよ」という意味合いで使うようです。

 

まぁなんとなく時代劇とかで良く聞く台詞というのはわかりますよね。

これは尾田先生がどうしてもジンベエに言わせたかった台詞なんだろうなぁと感じましたし

 

巨大猪山の神について

 

95巻で山さんと呼ばれていたのは山の神と言われていた巨大猪。

おでんに真っ二つにされたものの元気に生きていた事から、ワノ国には凄い医療技術でもあるのか・・・という質問。

 

これについては、あまりにスパッと綺麗に斬られたらそのまま斬り口にくっつけておく事で繋がってしまうという現象だと尾田先生は説明してくれています。

「るろうに剣心」で剣心が大根を切ったのにそれがすぐにくっついてしまった奴ですね。

おでんがあまりにも綺麗な太刀筋で斬ったからこそうまい事繋がったという事のようです。

 

・・・まぁその割には思い切り縫われたような痕が残っていたような気も・・・(笑)

 

うるティとページワンのこれまで

 

うるティとページワンは実の姉弟なんですか・・・という質問

 

これについては本物の姉弟だと答えてくれています。

 

二人の父親もまた海賊だったようで、そんな父親が死んでしまった事で父親と因縁があったカイドウが二人を引き取ったのだそう。

カイドウと因縁があった海賊という時点で結構な大物なんじゃないかと想像出来ちゃいますよね

 

で、割とやんちゃなイメージしかないうるティですが、どうやら結構利口な子だった様子。

カイドウの持っていた悪魔の実を2つ盗み、ページワンと共に能力者となり百獣海賊団の中で生き残り飛び六胞まで登りつめたようです。

 

こんな過去があったとなると、ある意味ではこの二人はカイドウから期待されていた二人とも言えそうですよね。

もしもヤマトが生まれていなければ、カイドウはこの二人を自分の子供にしていた・・・・なんて可能性もあったんじゃないでしょうか。

 

ワノ国の形のモデルは

 

ワノ国は日本列島がモデルとなっているのですか・・・という質問

 

  • 九里が九州地方
  • 希美がきびだんごを連想させる岡山→中国地方
  • 兎丼がうどんを連想させる四国
  • 花の都が東京
  • 白舞がお米をイメージさせる新潟→中部
  • 鈴後がりんごから青森→東北

 

というようにそれぞれ対応していて、最初の設定では北海道の位置(右上の方)に鬼ヶ島があったのだそう。

しかしストーリーの都合上今の場所に変わったようです。

 

別に場所が違っていてもそんなにストーリーには影響がなさそうな気がしますが、右の方だと駄目だという理由があったんでしょうかね?

 

しのぶの兄が登場していた件

 

95巻の33ページ、花の都の羅刹町にいたほっかむりの人は「すっぴんのしのぶ」ですか?・・・という質問

 

中々酷い質問ではありますが、結構読者からもしのぶに似ていると言われていた気もしますね

 

で、尾田先生によればこの人物はしのぶの兄の「忍助」だったようです。

妹想いでしのぶが御庭番衆を抜けた後、抜け忍は命を狙われるという理由で自分も抜け忍となり、しのぶを守りつつ光月の侍として動いていたとの事。

 

出番はほんの一瞬でしたが、こういう人物もちゃんと戦っている訳ですよね。

こういう設定も語られた事ですし、ワノ国編で宴が描かれたらひっそりと登場してそうなキャラですね。

 

CP(サイファーポール)について

 

CP(サイファーポール)の強さや偉さを教えてください・・・という質問

 

尾田先生によると、サイファーポールはスパイ集団であり政府の影の仕事をする人達との事。

一般的にはCP1からCP8までしか知られていて、数が大きい方が重要な仕事を任されているようです。

 

幻とされていたCP9は政府にとって邪魔なものを消すという特権を持ち、本来あってはならない殺し屋集団。

CP0もまた別格の存在で、天竜人の直属の護衛をしたり天竜人の命令で動く人達という事で一番強いのだそう。

 

この辺りの設定はなんとなく想像していた通りではありますが、こうやって詳しく解説してくれるのは嬉しいですよね。

 

カイドウの金棒の名前と擬人化

 

カイドウが使っている金棒に名前はあるのか?そしてこの金棒が擬人化したらどんな感じになるのか?・・・という質問

 

最近のSBSと言えば擬人化シリーズ!

そして今回のターゲットはカイドウの金棒でしたね。

 

この金棒は「八斎戒」という名前のようで、特に位列なんかはないものの、カイドウが手放したら伝説と呼ばれるくらいの代物のようです。

 

とはいえそんな凄いものであってもやっぱり擬人化されると凄いビジュアルになってしまっています。

その辺りは100巻を読んで確認しましょう!!

 

尾田先生がタイムスリップ出来るなら??

 

尾田先生がタイムスリップ出来るならどの時代に行きたいですか?・・・という質問

 

これに対して尾田先生は、過去に行ってもいいパターンという事で結構悩んでいました。

時代劇が好きという事で、侍が見れたり花魁が見れたりというのは尾田先生にとっても魅力的なようです。

 

が、何故かタイムスリップした時代で虫歯になった時の事を想像してしまう尾田先生

麻酔もないだろうし歯医者はめちゃめちゃ痛いだろうなぁという理由で、実際行くなら未来が良いと答えていました。

 

夢があるんだか夢がない考えなんだか、こういう回答にも尾田先生らしさを感じますね。

 

ロビンの40歳と60歳と何かあった未来

 

こちらもSBSでは大定番となっている質問ですね。

 

40歳のロビンは今とそれほど変わらず、メガネが似合う美女という感じです。

まぁこれは今のロビンにとってはそんなに先の未来でもありませんしね。

 

60歳のロビンの方もあまり年齢を重ねた感はなく、相変わらずお美しくそれでいて精力的に調査を行っているようです。

なんだかむしろ若返ってるんじゃないかと思ってしまいますが、ロビンならこんな感じだろうなぁとも思えるんですよね。

 

そして問題なのはやはり「何かあった未来」の方でしょう。

 

何かあっただけに40歳時点でも今のロビンとは似ても似つかぬ姿になっていて、60歳の方はもうとにかく酷いとしか言いようがありません

やっぱり「何かあった未来」は見たくないですよね。

 

ブラックマリアの能力について

 

ブラックマリアの能力ってなんだか「SMILE」っぽくないですか?・・・という質問

 

これについては結構な数の読者が違和感を感じていたはずですよね。

通常の動物系の悪魔の実であれば自身が動物そのものになるイメージなのに、ブラックマリアの場合は「SMILE」能力者と同じで体の一部が変形しただけ・・・って感じでしたし、本人の他にも蜘蛛の意識が別にあった感じがしましたし。

 

しかし尾田先生によれば、そもそも動物系の能力者には別に完全に決まった形というのもないようです。

チョッパーが変形を操れるように、割と少しの操作で変形点も変えられてしまうとの事。

なのでブラックマリアも蜘蛛と一体化した姿になれるはずですが、ブラックマリアはそんな蜘蛛女になるのが美的に許せないからこそ変形点を変えた・・・・のだそうです。

 

これはある意味これまでのルールをぶっ壊すような発言でしたが、そもそもチョッパーという特殊な奴をずっと見てきた以上は納得せざるを得ませんね

戦闘力的には別に意味はなくとも、見た目が気に入らないから変えるというのもアリっちゃアリなんでしょう。

 

ワンピース100巻SBSの気になる質問まとめ

 

という事で記念すべき100巻も相変わらず大ボリュームのSBSとなっていました

本当にくだらない質問もあれば、本編の内容を補完するような質問もあるのがSBSの魅力ですよね。

 

まだまだカイドウとの戦いは終わらなそうですが、この戦いが終われば一気にクライマックスになだれ込んでいきそうな雰囲気もあります。

尾田先生は既に最終章に入っているとおっしゃっていますし長い長い「ワンピース」の物語もそろそろゴールが見えてくるのでしょう。

壮大過ぎる物語のラストまでずっと見守り続けたいですね!!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

ワンピース1017話でゴムゴムの実の衝撃的な秘密が明らかに!!!

 

ワンピース最新99巻ネタバレ!SBS情報まとめ キッドの実が判明!ロジャーと赤ん坊の謎も

 

ワンピース最新話1010話ネタバレ感想!ルフィの覇王色バトルが最強に格好良すぎる!