怪獣8号最新話44話ネタバレ感想考察!四ノ宮家の過去と母ヒカリとの約束

怪獣8号最新話44話ネタバレ感想考察!四ノ宮家の過去と母ヒカリとの約束

怪獣8号最新話44話ネタバレ感想!

 

怪獣9号とのリベンジマッチが始まった前回の43話。

カフカが怪獣8号に変身出来ないというピンチで駆けつけてきてくれたのはやっぱりキコルでした。

 

初遭遇時にはカフカに救われた彼女が今度はカフカを救う事が出来るのか?

そんな所が見所になりそうでしたが、今回の44話ではそんなキコルの過去の部分が描かれる事に。

 

気になる部分をまとめてみたいと思います!

 

前回の43話はこちら→怪獣8号最新話43話ネタバレ感想考察!増殖する怪獣9号とキコルのリベンジ!

 

怪獣8号最新話44話ネタバレ感想

 

識別怪獣兵器はリスクあり?

 

怪獣8号に変身出来ずに窮地に陥っていたカフカを救ったキコル。

その様子はどうやら上層部も確認していたようで、実の父親である四ノ宮功もカフカとキコルの戦いを見守っていました。

 

なんだかんだカフカが怪獣8号になった際の事を考えて前のめりになっていた功。

しかしカフカが暴走したとしても出撃してはならないと牽制されてしまいます。

功のスーツとなっている識別怪獣兵器(ナンバーズ)の使用は寿命を削るのだと。

 

立て続けに使えば命に関わる・・・との事で、やはり強力な分だけ識別怪獣兵器を使うのはリスクが大きいようです。

しかしそう考えると、わざわざそんなリスクを冒してまでカフカの怪獣8号を確かめようとしていた事の意味も変わってきますよね

功としては自らの寿命を削ったとしてもやる価値があったと考えての事でしょうし。

 

そんな場面での功の台詞もまた良かったです。

 

これは次世代が乗り越えなくてはならない試練だ

 

この台詞的にも、功自身が防衛隊を次の世代に進めていきたいと考えているのが分かります。

その為になら自分の寿命を削ったとしても良いと考えていそうですね。

 

カフカとキコルの共闘展開

 

キコルがやって来てもやはり怪獣8号には変身出来ないでいたカフカ。

これまでになかった現象なだけに、キコルも怪獣9号が何か影響しているのだと考えます。

そこで本格的にバトルに入るものの、キコルは流石に自分一人で怪獣9号を倒せるとは考えていなかった様子

 

自分が怪獣9号を大破して動きを止めれば、復元までの隙にカフカが怪獣化出来るようになるかもしれない。

キコルは怪獣9号を倒すためにはカフカの怪獣8号の力が必要だと考えていたのでした。

 

なんだかんだキコルは怪獣9号に痛い目に遭わされていただけに、一人でなんとかしようとしてしまうのかと思っていました。

しかし精神的にもちゃんと成長しているようで、一人では勝てない相手をどうやって倒すかを冷静に考えられていたのはキコルの大きな変化ですよね。

 

二手に分かれて行動を開始するカフカとキコル。

しかしその一方で怪獣9号は当然のように分裂。

カフカは怪獣化出来なければろくな戦力にもなりませんし、結局キコルは一人で怪獣9号の相手をするようなものになっていました。

 

キコルの母親四ノ宮ヒカリ

 

初期の頃からは解放戦力の数値的にも大きく成長していたキコル。

とはいえそんな今のキコルであってもやはり怪獣9号の動きは予測が出来ないもの

お得意の見えない弾丸によって腹部にダメージを負ってしまう事に。

 

しかしキコルはそれでも止まらずに攻撃を続けます。

何も出来ないまま失うのはもうごめんだ・・・と

 

傷を負っても奮闘するキコルの姿には、防衛隊副長官の伊丹も驚くレベル。

 

まるで若き日の彼女をみているようだな 功

 

といういかにもな台詞でキコルの過去パートへと進んでいきます

 

まだ幼い頃のキコルが目を輝かせて見ていたのはテレビに映る一人の女性の姿。

四ノ宮ヒカリというその女性は第2部隊の隊長であり、今まさに怪獣を討伐して市民の声援に笑顔で応えている所でした。

 

防衛隊最強兵器の一つであるナンバーズ4を身にまとい、戦場をかける姿はワルキューレと呼ばれる程

強く美しい彼女にはファンも多く、キコルは学校の友達から「お前んちの母ちゃんすげー」と驚かれる事に。

しかしキコルはそんな友達にも「私のママ」と自信を持って応えるのでした。

 

功の方は現在の長官な訳ですし、本当に四ノ宮家は怪獣討伐の超エリート一家だった訳ですね。

現在の第3部隊の隊長である亜白ミナも人気ですが、四ノ宮ヒカリは市民にも笑顔で対応する明るいタイプという事でミナよりももっと人気がありそうな気がします。

 

母と娘の約束

 

色々あって疲労困憊になって家へと帰ってきたヒカリ。

キコルはそんな母親に「おかえり」と思い切り飛びかかる事に。

 

まだ若かった功はお母さんは疲れてるんだと止めようとするも、むしろヒカリの方がノリノリでキコルをぶん回して遊んであげるのでした。

この場面で一気に当時の四ノ宮家の様子が分かりますし、功もこの時はまだ普通の良いお父さんに見えます

それだけに余計に悲しくなってくる訳ですが・・。

 

キコルは避難所でテレビを見ていて、みんながヒカリの事を格好良いと言っていた事を報告。

しかしヒカリはそれよりもみんなに怪我がなかった事で笑顔を見せていました。

 

自分が格好良いとかそういう事ではなく、自分が皆を無事に守れた事を喜べるというのはもう完全なる聖人ですよね。

内面までこれだけ聖人だと誰もが憧れちゃうでしょう。

 

とはいえ今日の怪獣はかなり強かったようで、キコルはヒカリが僅かに怪我をしているのを確認。

それを見たキコルはヒカリをまっすぐに見つめて力強く言い放ちます。

 

私が防衛隊に入ってママを助けてあげる

 

皆の為に一人怪我をしてしまう母の姿を見てこう思えるのだからキコルも本当に良い子です。

娘のそんな優しい言葉に笑顔にヒカリは、キコルがピンチになったらママが助けてあげるねと優しく微笑むのでした。

 

もうこの笑顔が優しすぎて、ヒカリという名前通りに彼女が四ノ宮家を照らす存在だったんでしょうね。

 

守れなかった約束

 

キコルとヒカリの間で交わされた約束。

しかしそんな約束は果たされる事なくヒカリは怪獣との戦いによって亡くなってしまいます。

 

怪獣6号による群発災害という事で、ヒカリだけではなく防衛隊自体に相当な被害が出ていたようです。

とはいえヒカリが命を賭して献身的に戦ったからこそ被害が押さえられたのだとテレビでは語られていました。

 

ヒカリの葬式が行われる中で虚ろな目をしていたキコル。

心の中でずっと「ウソつき」と繰り返していました。

 

私のウソつき・・・!!助けるって言ったのにごめんママ ごめん・・

 

と、まだ本当に幼いというのに、自分が約束を守れなかった事を悔いている辺りキコルは本当に健気です。

これはキコルにとっても一生残るような心の傷になったでしょうね。

 

ボロボロと大泣きするキコルは父である功に呼びかけようとするも、功の妻を怪獣に殺された怒りを必死に抑え込もうとする表情を見てそれを止めます。

自分以上に怪獣へと激しい怒りを抱える功を見て、キコルは自らの涙を拭いて泣くのを堪えるのでした。

 

四ノ宮家の場面では普通にちょっと強面ながらも普通に良いお父さんに見えた功。

しかしこの場面では本当に激しい怒りをその身に抱えているように見えます。

四ノ宮家を照らしてくれていたヒカリを失った事で、四ノ宮家はこれまでと違う道を進むことになったのでしょうし、そう考えるとあまりにも辛すぎますね。

功はこの怒りからキコルをスパルタ教育しまくったのでしょうし、キコルも全てが分かった上で必死に強くなろうと頑張っていたのでしょう。

 

まだ幼かった事で母親を助けられなかったキコル。

しかし母親を助けられなかったその代わりに自分が一番強くなって母親の代わりに皆を助けようとしていました。

 

私のいる戦場で仲間は死なせない

 

と。

 

なんだかんだキコルはヒロインの一人ではあるものの、それ以上に主人公の一人と言っても良いのかもしれませんね。

 

怪獣8号最新話44話ネタバレ感想まとめ

 

という事で今回はキコルの悲しい過去の部分が描かれる事になりました。

ヒカリという名前通りに皆を照らしてくれる存在がいなくなった事で、四ノ宮家は全く別の道を歩む事になったのでしょう。

 

優しかったはずの功も妻を亡くした事で、キコルに完璧であり続けるよう言い聞かせていたようです。

最初の頃は流石に酷い父親だと思っていましたが、キコルは父親を恨んでたりはしていないんですよね。

怪獣9号との最初の戦いでも、負けそうになった時に思っていたのは「功の求める完璧でいられなかった」という想いだけでしたから。

 

自分のいる戦場で仲間は死なせないという台詞は、最初の怪獣9号との戦闘の際に言っていた台詞でもあります。

あの時はカフカに助けられた訳ですが、今度はキコルが守る側になっているというのも熱いですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

怪獣8号最新話45話ネタバレ感想考察!キコルの強い覚悟と叱責で遂にカフカが怪獣8号へ!

 

怪獣8号最新話43話ネタバレ感想考察!増殖する怪獣9号とキコルのリベンジ!

 

怪獣8号最新話42話ネタバレ感想考察!急成長のキコルと再びの怪獣9号の襲来!