呪術廻戦最新話159話感想考察!日車の弁護士としての戦い!報われない結末が悲しすぎる!

呪術廻戦最新話159話感想考察!日車の弁護士としての戦い!報われない結末が悲しすぎる!

呪術廻戦最新話159話ネタバレ感想!

 

無事に秤を仲間に加えてようやく死滅回游の物語が始まった前回の158話。

今後の敵となりそうなキャラも登場となり、しかも相当実力が高そうという事もあってここからの展開に期待大でしたね。

 

そんな中で迎えた今回の159話ですが、前回名前が明かされていた泳者の一人である日車が主役の回となっていました。

予想通り日車の弁護士としての戦いが描かれていた訳ですが、これがまた非常に辛いんですよね。

 

「呪術廻戦」でまさかこんなエピソードを描いてくるとは思わなかっただけに色んな意味で驚きでした。

気になる部分をまとめてみたいと思います!

 

前回の158話はこちら→呪術廻戦最新話158話感想考察!遂に始まる死滅回游!新キャラの鹿紫雲の強キャラ感が凄い!

 

呪術廻戦最新話159話「裁き」

 

今回のサブタイトルは非常にシンプルな「裁き」

しかし流石に今回は「裁き」としか言いようがない内容となっていましたね。

 

弁護士としての日車の戦い

 

日本の刑事裁判の有罪率は99.9%

そんなどこかで聞いた事のある文面から始まっていた今回。

日車は弁護士として大江圭太という青年の弁護を担当する事になっていました。

 

岩手県盛岡市で女児とその母親の刺殺体が見つかったという凄惨な事件

盛岡地検は近くに住む大江を強盗殺人の容疑で起訴していました。

 

大江は巡回中の警官からの職務質問中に逃亡。

自宅に駆け込んだものの追いかけてきた警官が血の付いた刃物を発見し現行犯逮捕。

その刃物に付いていた血痕は被害者のDNAと一致していたものの、大江は一貫して犯行を否認していました

 

猫を飼っていて、捕まってしまったらその猫が死んでしまうとという理由で警官から逃げ出した大江。

刃物も拾ったものであり自分のものではないのだと。

 

そんな状況で流石にそれは無理がある・・・・と考えていたのは日車の部下である清水という女性。

職質から逃げた事については、知人が薬物を使用していた事が原因で不当な聴取を受けた事があるというトラウマがあった様子。

それはなんとか納得出来たとしても、流石に血のついた刃物を後で届けるつもりだったというのは無理がありすぎるだろうと清水は考えていました。

 

日車自身も流石に全てを信じていた訳ではなかったものの、大江の環境なんかを知ればありえない話でもないだろうと感じていました。

 

住み込みで働いているNPO法人の活動は行き場のない高齢者に対するシェルター運営や自立支援。

大江はそこで彼らの世話をしていたものの、彼に給料は支払われておらず。

お小遣いと称してお年玉を貰ったり、弁当や食材の現物支給程度であるのにも関わらず、しっかりと月5万円の家賃を取られていた。

 

入居者には前科のある者も少なくないとの事。

凶器の刃物の提出が遅れてしまった理由も、そもそもパトカーや救急車は近所迷惑になるからという理由で呼んでは駄目な決まりとなっていたから。

 

そこまで日車の話を聞いていた清水は、大江の働く団体がかなりグレーである事を指摘

そんな事もあって日車は大江が限りなく怪しい状況ではあるものの、、シロである可能性は十二分にあると考えていました。

 

団体の活動実績や税務申告、入居者の素性を洗い出す・・・・などなどやるべき事をまとめていく日車。

この場面で清水に猫を飼えるかどうかも確認していて、大江の飼っていた猫の面倒までみようとしているのがわかります

 

立場の弱い人達にも救いの手を差し伸べようとしているようで、日車は自分の正義を貫くタイプなんだろうなぁという描かれ方でした。

 

自分の心を削りながら

 

国選弁護なんてギャラが安い割にやることが多い

世論は有罪一色であり、殺人だと執行猶予もないし死刑さえあり得る状況

それだけにモチベーションの上がらない清水に対して、日車は楽な仕事ばかりじゃ腕が鈍ると返すのでした。

 

そんな清水が相談していたのは、かつての日車の上司であり副業で喫茶店までやっている高木という女性

清水は高木から、日車は昔よりも更にどんどん酷くなっているという話を聞かされます。

 

高木の元で日車が働いていた際に担当したのが危険運転致傷事件。

被告人は飲酒運転で捕まったものの、飲酒も運転も職場の人に強要されていただけ

 

しかし関係者に口裏合わせられて示談金も用意出来ずに執行猶予も取れずに敗北。

日車は被告人からも嘘つきだと罵られる事に

 

そんな事件があっただけに、日車に無理筋の刑事弁護なんてやめるよう言い聞かせます

弱者救済という理想は立派ながら弁護士だけでは限界があり、依頼人に逆恨みされてまで続ける事はないのだと。

しかしそれでも日車は、弱者の人々は経済的にも精神的にも追い詰められていて自分に当たるのも無理はないとさえ考えていました。

 

自らの正義感を貫く日車に対して、高木は日車の精神(こころ)はどうなるのかと問いかけるのでした。

 

弱者を救おうと奮闘するものの、そもそも事件は有罪になって当たり前のものばかり。

そんな状況でどれだけ頑張っても依頼人を救う事は出来ず、それでもなんとか頑張ろうと必死に戦い続ける。

これはもう日車にとっては心を削りながらやっている事にしか思えませんし、こういう事の積み重ねが日車の心にダメージを与えていたんだろうなぁと想像出来ます。

 

日車の戦いの結末

 

大江の無罪を信じて地道に調査を続けていた日車。

そんな頑張りは大江の無罪という形で報われる事に

無罪を勝ち取り思わずグッときてしまいながらも、検察側がすぐに控訴してくるだろうと日車は油断しません。

 

世間でもこの事件の判決は大きく取り上げられ、新聞やネットでは疑惑の無罪判決であるとか買収されたであるとか無茶苦茶に書かれてしまう事に

日車は犯人を無罪にした悪徳弁護士という扱いで多少有名になっていた感じに描かれています。

 

とはいえ大江が無罪の証拠は間違いなく集まっていたからこその無罪判決

大江が防犯カメラに映っていた事や、NPO内に犯行直後から行方不明になっている人がいた事が大きかったとの事。

まだ二審があるという状況ながら、大江は自分を信じてくれてありがとうと涙ながらに日車に感謝するのでした。

 

が、控訴審(二審)での判決は有罪で無期懲役。

 

限られた予算や人数で戦う弁護士に対して検察は税金とマンパワーを投入して証拠を上げる。

その点については日車もそういう仕組みだと納得せざるを得なかったものの、問題は二審で検察側から新規の証拠が提出されなかった事

しかしそれなのにも関わらず、行方不明者の犯行と疑う理由はないという無茶な事実認定によって判決は覆る事に

 

三審の最高裁は狭き門であり上告は門前払いでまともに審理される事も難しい。

それだけにこの裁判は初めから有罪ありきのものだったと日車も気付きます。

 

しかし何よりも日車を傷つけたのは、涙を流して自分に感謝してくれたはずの大江が日車を憎しみの目で見つめていた事でした。

 

必死に頑張って戦ったものの、結局最初から負けが決まっていた戦いを必死にやっていただけ。

これはもう日車の心をぶっ壊すには十分過ぎますよね・・・。

 

正義の終わりと目覚めた力

 

君の精神(こころ)はどうなるのさ

 

そんな高木からの問いかけに対して、自分は弱者救済なんて掲げていないと語る日車。

 

昔から自分がおかしいと感じた事を放っておけない性分だっただけであり、それが治っていないだけ。

正義の女神は法の下の平等の為に目を塞ぎ、人々は保身の為にであればどんな事にも目を瞑る。

そんな中で縋り付いてきた手を振り払わないように自分だけは目を開けていたい

 

心を擦り減らしながらもただただ純粋に正義の為に戦っていた日車。

しかしそんな日車は、有罪の判決を受け入れる事が出来ませんでした

 

裁判長が使う木槌(ガベル)を何度も机に叩きつけると、全員に戻るよう命じます。

激しい怒りの表情で「やり直しだ」と叫ぶ日車の背後には、天秤を模した呪霊(式神?)が姿を現していたのでした。

 

このエピソードを見てしまうと、誰もが日車側の肩を持ってしまいますよね。

時系列がよくわかっていませんが、あまりにも辛い現実を許せないと感じた所で呪術に目覚めてしまった感じでしょうか。

目を開けていたいという日車の想いに反して、現れた式神っぽい奴が目を縫い付けられているのがまた趣味が悪いです。

 

 

これはもう裁判所内にいる人間全てを殺ってしまっていてもおかしくなさそうですし、そこで大量得点をゲットしてしまったのかもしれません。

願わくば清水さんには無事でいて欲しい所ですが、「呪術廻戦」にそれを望むのは難しいかなぁ・・・。

 

 

呪術廻戦最新話159話ネタバレ感想まとめ

 

まさかの日車オンリーで描かれた今回。

このエピソードがまた非常にお辛いものになっていて、マジでどうにかならんかなぁと思ってしまいます

 

弁護士がこういう辛い現実で歪んでしまうというエピソード自体はどこかで見たことありそうな感じはするのですが、そこに今の日本が抱える問題点なんかを入れてくる辺りは社会風刺的でもありました。

しかもこんなどこかで見たことありそうなエピソードを「呪術廻戦」で描くからこそ非常に効果的で、今回のラストページの直後に何が起きたのかなんて考えたくもありません

 

日車は日本の刑事司法の問題をぶち壊そうとするのか、それとも事件の真犯人や悪意を持って行動した人達を狙って動いているのか?

今の日車はきっとどこかぶっ壊れてしまってそうで、なんとなく歯止めが効かなくなっている気がします。

今までの反動が最悪な方向に出てしまった・・・みたいな

 

とりあえずこんなにがっつり描かれた日車と戦う事になるなんてマジで考えたくないですわ・・・。

ってか芥見先生ってやっぱりこういうエピソードを描くのが抜群に上手いですよね。

 

どういう形で虎杖や伏黒が日車と出会うことになるのか注目です!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話160話感想考察!羂索に導かれてまさかのキャラも死滅回游に参加!

 

呪術廻戦最新話158話感想考察!遂に始まる死滅回游!新キャラの鹿紫雲の強キャラ感が凄い!

 

呪術廻戦最新話157話感想考察!虎杖と秤の信念のぶつけ合い!虎杖の今の想いが悲しい!