ダンダダン最新話26話感想!深まる桃と愛羅の関係!まさかのアイツが仲間に!?

ダンダダン最新話26話感想!深まる桃と愛羅の関係!まさかのアイツが仲間に!?

ダンダダン最新話26話ネタバレ感想!

 

セルポ星人やらネッシーもどきやらシャコ星人やらとの戦いにようやく決着がついた前回の25話。

激しい戦いから一転してラブコメ展開にもなっていて、その緩急自在の物語にめちゃめちゃ翻弄されてしまいます。

しかもどっちの方向に進んでもめちゃめちゃ面白いのが凄すぎるんですよね。

 

そして当然今回の26話も先が読めない展開となっています。

というかこんな展開予測出来るはずもありませんが

 

まさかすぎる展開を迎えた26話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

前回の25話の感想はこちら→ダンダダン最新話25話感想!妖怪と宇宙人の関係判明!オカルンと桃のラブコメが尊すぎ!

 

ダンダダン最新話26話「河童を拾いました」

 

いつにも増して謎過ぎるサブタイトルとなってます。

正直このタイトルだと、河童的なキャラが登場してくるんだろうなぁとしか思えませんよね。

まぁ本作はそんな簡単に予想出来る感じではなかった訳ですが。

 

ラブコメ中断とおバカな女子達

 

前回のラストで非常に良い雰囲気になっていたオカルンと桃。

このまま放っておけばどちらかが決定的な告白的な言葉を口にするのでは・・・と思うくらいにドキドキする正にラブコメ展開となっていました。

正直この二人は相性が良すぎるだけに続きを見たかったのですが、大抵の漫画はこういう場面で放っておいてなんてくれないんですよね。

 

という事で良い感じのオカルンと桃を邪魔する形で桃の友達の二人が登場

彼女達からすれば、桃が授業中に突然いなくなり現れたと思ったら違うクラスの教室の前でオカルンと裸で抱き合ってるという訳の分からない状態。

それだけに説明を求められるも宇宙人が関わっているだけに理解してもらえるとも思えず、なんかまぁそーなっちゃったのだと答えるしか出来ない桃。

 

そんな桃に対して、二人の友達は勝手に推理を繰り広げます

何故か古畑任三郎的な演出で。

 

オカルンと桃だけではなくD組の白鳥も裸だった事で、オカルン、桃、白鳥という三角関係が見えてくる。

そこまで考えた友達は、これが一人の男をめぐって女二人が起こした闘争なのだと推理を進めます。

 

つまり全裸拳闘大会(グラディウス)が繰り広げられたって事なのだと。

 

そもそも全裸拳闘大会ってなんだよと思ってしまいますが、学校の色んな形の定規を使って戦うイメージ映像はちょっと面白すぎますね。

 

桃がシャコに話しかけていたのは、白鳥をぶん殴る為にシャコ師匠にパンチの打ち方を教わっていたから

桃がずっといじけていたのは、オカルンに嫉妬していたから

 

・・・・と、片方は普通に正解なんですよね。

シャコの方も普通にその後の展開に繋がってきましたし、今回のエピソードって色々と繋がっていた部分もあって面白かったです。

 

しかし桃の友達の二人って相当おバカですがめちゃめちゃ良い奴ですよね。

愛すべきおバカというか、友達になりたい奴らって感じで。

 

白鳥愛羅の好感度問題

 

オカルンと桃がラブコメ的な展開を繰り広げていた一方、愛羅は自分のクラスに戻って皆に慰めてもらっていました。

 

泣いたフリをしつつも、今回の事はあまり言いたくないの一点張りで誤魔化そうとする愛羅

自分の好感度の高さに感心してしまう程に上手くいっていて、日頃の努力がこういう時に役に立つとまで考えていました。

 

このまま何事もなく事件は収束に向かってくれる事を愛羅は願っていたものの、そこで話をぶり返してきたのが愛羅の側近的な女子

 

愛羅は綾瀬桃に嫌がらせをされていて、タライの件も桃の仕業。

そんな女子の言葉で、愛羅を信じるクラスメイト達はこぞって綾瀬桃を許せないというモードに入っていきます。

 

  • 愛羅の美しさに嫉妬しているんじゃないか
  • 男とみれば誰とでもヤる奴だという噂が流れていた
  • 一度懲らしめた方が良いんじゃないか
  • ウチらの白鳥さんを泣かせたらどうなるか思い知らせよう

 

そんな皆の言葉で表情が曇っていく愛羅。

我慢出来ずに、デマを流したのは自分なのだと皆に告白してしまいます。

 

自分が悪いのだから綾瀬桃を悪く言わないで・・・と

 

この場面でなんだかんだ愛羅の良い部分が出てましたね。

当初はオカルンにハニートラップを仕掛けていたりと嫌な女子キャラという感じだった愛羅ですが、桃とも共闘した事で桃が悪い奴なんかじゃないって分かってしまったんですよね。

こういう場面で正直に皆に告白出来たのは本当に偉いですし、愛羅というキャラがここで完成したような気がします。

 

分かり合う二人の女子

 

自分が悪いのだとクラスメイトに言い残して教室を出ていった愛羅。

クールな表情のまま中庭のベンチに辿り着くも、すぐにその表情は泣き顔に変わってしまいます。

 

せっかく好感度を稼いでいたのに、こんな事をやってしまったら全てがパァになってしまうと。

思わずベンチに自分の頭を繰り返しぶつけていた所を、タイミング悪く桃に見られてしまうのでした。

 

愛羅の相変わらずヤバい部分を見たものの、なんだかんだ一緒のベンチに座る桃。

上手い事言い訳出来たという桃からの問いかけに、桃へのヘイトでいっぱいだと答える愛羅。

 

しかしその割にはいつもの取り巻きがいない事を桃は指摘します。

愛羅は桃は自分の敵なのだからと誤魔化そうとするも、桃にはどうせ悪口なんて言ってないのだろうと見破られてしまうのでした。

 

桃はなんだかんだ人を良く見てますし、愛羅がそんな事を出来る奴じゃない事をこれまでの愛羅の行動から理解出来ていたんでしょうね。

なんだかこの場面では女子二人の友情を感じられたというか、桃から愛羅への信頼を感じました

実はお互いがお互いの事を結構嫌いじゃないと内心では思ってるんじゃないでしょうか。

 

再びのチキチータ

 

桃から悪口なんか言っていないのだろうと見破られたものの、当然素直に言っていないとは言えない愛羅。

クソミソに言ったのだと強がるも、当然桃はそれを信じるはずもありません。

そんな形で二人がある意味友情を深めていると、そこに再びシャコ星人ことギグワーカー(どれが正式名称なんだろうか?)が登場。

 

このまま帰る訳にはいかない

家族の為に稼がないといけない

 

と、ボロボロの状態ながらも何故かサラリーマンのお父さんみたいな台詞を口にします

 

先程の戦いでのダメージが大きかったのか、体からは怪しげな白い液体が出ている状態。

しかしそれでも「チキチータ」と繰り返しながら二人を狙ってくるも、結局は攻撃する事も出来ずにその場に崩れ落ちてしまうのでした。

 

敵だと思った相手が突然力なく倒れてしまった事に困惑する桃と愛羅。

その一方でシャコ星人は家族の事を思い出していました。

 

自分と似たフォルムの嫁さんらしき人物が、まだ幼い子供を抱きしめている場面。

これは出発する自分を子供が泣きながら見送ってくれているという感じでしょうか。

 

子供は「おとーちゃーん」と叫んでいて、シャコ星人は子供から愛されていたのだと分かります。

そう言えばセルポ星人から給料カットみたいな事を言われて困ってましたし、どうやらお金に困って出稼ぎに来たとかそういう感じなんでしょうか。

 

得体の知れない宇宙人がお金に困っている・・・・そんな風に考えると一気に身近な存在にも思えてくるから不思議ですよね。

そもそもこれまでずっと繰り返してきた「チキチータ」が子供の名前だという可能性すら出てくるのがむしろ逆に怖いです。

 

 

河童が家にやって来た

 

子供の事を思い出して思わず涙するシャコ星人。

というかこの場面ではカタツムリの触覚的な部分に目があって、不気味な印象が一転してちょっと可愛い生物に見えてきます

 

うなされながら目覚めたシャコ星人がいたのは何故か桃の家の布団の中でした。

体を起こそうとした彼の前には、オカルン、桃、愛羅、そして桃の婆ちゃんの姿が。

 

桃が婆ちゃんにシャコ星人を宇宙人だと紹介して見てもらうも、宇宙人を信じない婆ちゃんはシャコ星人を「河童」扱いしてしまいます。

目の前に宇宙人がいるのに信じないとはどういう事だと桃も驚くも、オカルンは河童が宇宙人だという説もあるのだと謎のフォローを入れる事に

 

というか婆ちゃんがこいつを「河童」扱いした事で今回のサブタイトルがおかしな事になっちゃった訳ですね

 

桃はシャコ星人を手当までしてあげていたものの、愛羅はまた襲ってくるかもしれないと警戒モード。

それでも立ち上がろうとするシャコ星人に、超能力を発動させる構えを取ってやめておけと牽制する桃

 

そんなシャコ星人の足元にあったのは桃がシャコ星人の為に用意していたカレー

桃は手当てしてあげただけではなく、お腹が空いていたらという事まで考えて食事まで用意してあげていた訳ですね。

 

相手が宇宙人だというのにそこまでしてあげていた桃に対して、シャコ星人は突如として泣き出してしまいます

こんなにちゃんと治療してくれて、こんなに優しくされたのは初めてなのだと

 

シャコ星人は号泣しながら、もう二度とあなた達を傷つけたりしないと約束するのでした

 

 

うーん、なんだこの展開は!????

と、思ってしまいますが、宇宙人には宇宙人の生活があるという部分なんかはある意味本作らしい展開とも言えますよね

前回の展開からすると味方にするのは妖怪側だけかと思っていましたが、これで宇宙人にも良い奴がいるのだとわかりましたし

 

結局こいつは地球に出稼ぎに来ただけであり、そこでセルポ星人のブラック企業に雇われてしまったという感じなだけなんですよね。

設定がちょっと変なだけで実は漫画では良くあるパターンだとも言えそうです。

 

とはいえまさかあの「チキチータ」の宇宙人がこんなちょっと可愛い奴になるとは想像もしていませんでした

これにてターボババアin招き猫に続く二人目のマスコットキャラクターとなりそうな気がしますね。

 

ダンダダン最新話26話ネタバレ感想まとめ

 

ラブコメ展開から始まり、何故か最終的にはシャコ星人が仲間になりそうな雰囲気を出して終わっていた今回

一体どういう話なんだよと思ってしまいますが、これはもう思わず笑ってしまうある種の神展開だったとしか言えませんね。

 

桃と二人の友達コンビは非常におバカだけど良い関係になっていますし、好感度を捨ててまで桃をかばう事にした愛羅も凄く良かったです。

まぁ愛羅は自業自得でもある訳ですが、これが出来るのであればクラスの友達とも本当の自分を出して付き合っていく事も出来るように思えます。

 

そして今回最大の驚きとなったのが、シャコ星人改め河童くんの改心の部分でしょう

泣いてるコイツがちょっと可愛く思えてきましたし、今後の味方キャラにさえなってくれそうですよね。

 

こいつとの関係が今後どうなっていくのかも注目ですね!

 

ちなみに10月4日発売の週刊少年ジャンプには「ダンダダン」の出張読み切りが掲載されるようです。

何故毎週このクオリティで連載していながら出張版の読み切り32ページを用意出来るのかがマジで謎過ぎますよね・・・・。

本当に龍幸伸先生って只者じゃなさすぎます・・・まぁありがたく読ませていただくのですが!

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ダンダダン最新話27話感想!壮大なキャトルシミュレーションと恋のライバル登場!?

 

ダンダダン最新話25話感想!妖怪と宇宙人の関係判明!オカルンと桃のラブコメが尊すぎ!

 

 

ダンダダン最新話24話感想!シャコの弱点攻略とターボババアの力で星人撃破!