呪術廻戦最新話161話感想考察!遂に始まる死滅回游で濃ゆい新キャラ続々登場!

呪術廻戦最新話161話感想考察!遂に始まる死滅回游で濃ゆい新キャラ続々登場!

呪術廻戦最新話161話ネタバレ感想!

 

長い準備期間を経てようやく本格的にスタートした死滅回游編。

ここまで長かったなぁという気持ちが強かったですが、いざ始まってくるとやっぱりワクワクしちゃいますよね

 

今回は早速死滅回游での戦いも開始となり、謎の新キャラ達も続々と登場してきました。

色々と気になるポイントをまとめてみたいと思います。

 

前回の160話はこちら→呪術廻戦最新話160話感想考察!羂索に導かれてまさかのキャラも死滅回游に参加!

 

 

呪術廻戦最新話161話「東京第1結界①」

 

今回からサブタイトルが「東京第1結界」になりました。

この感じだとしばらくはこのサブタイトルのまま物語が進んでいきそうですね。

 

違う結界へと場面転換した場合にも「〇〇結界」という感じにも使えそうですし、芥見先生もしばらくはサブタイトルで悩む事もないかもしれません。

まぁ個人的には「呪術廻戦」のサブタイトルは色々と好きなものが多いので、違う感じのサブタイトルになるのを期待したくはなりますが

 

謎の新キャラ登場

 

今回の冒頭ではいきなり戦場となっている東京第1結界の内部の様子が描かれます。

なんとなく結界の中は真っ暗なイメージがありましたが、どうやら内部では普通に昼夜が存在しているように見えますね。

 

そしてこの場面ではちょっとアメリカンな感じのワイルドな女性と、その女性から指示されて何かをやらされているちょっとした小物ヤンキーっぽい青年の甘井君が登場。

力関係は圧倒的にワイルドな女性の方が上で、甘井君は完全にパシリにされているようでした。

 

しかしこの女性、なんと自らの髪の毛を飛行機(戦闘機?ジェットエンジン)のように変形させるという術式を持っていました。

見た目のインパクトとしてはなかなかですが、頭皮は痛くないのかなぁと心配になりますね(笑)

 

死滅回游のルールにはない結界のルール

 

結界内で警戒すべきは受肉した過去の術師である。

そう語る伏黒と、話に同調してはいるものの理解はしていない様子の虎杖。

 

今回の死滅回游には1000年前の連中も参加していて、100年や200年も時代が違えばそれぞれ命の価値がまるで違ってもおかしくない

戦って死ぬのは当たり前であり、むしろ戦って死にたいと考えている奴さえいる

なんならその為に羂索と契約したのかもしれない・・・と、伏黒は考えていました。

 

鹿紫雲や日車は速攻で高得点を獲っていた事もあり、過去の術師だと推測していた伏黒。

その一方で津美紀と同じ様な巻き込まれた現代人の術師であれば積極的に情報交換出来るとも考えていました。

 

この伏黒の考えは非常に合理的ですし、大部分は正解だと言えるでしょう。

しかし日車は現代の術師であり、現代人であっても危険な術師になり得るのが死滅回游とも言えそうなのが難しいポイントでしょうね。

 

という事で、そこまで確認した上でようやく東京第1結界の中に入る事にした二人。

しかし結界に入った瞬間、虎杖の体は結界内の上空へと浮かび上がってしまっていました。

 

死滅回游の結界は侵入した泳者を設定しておいた9つの地点にランダムで転送する・・・との事。

それは元々のルールには記されていなかった結界のルールであり、落下してきた虎杖を冒頭の甘井君が発見していました。

甘井君は虎杖の姿を確認すると誘導灯を構え、その明かりを確認したジェットお姉さんが虎杖めがけて飛んでくる事に

 

これはルールにない現象に動揺した泳者を狙ったいわゆる「初心者狩り」とのこと。

サバイバルっぽいというか、実際のサバゲーとかでも初心者狩りってあるんだろうなぁと思ったり。

 

空飛ぶ二人の術師

 

髪の毛を飛行機に変形させた女性の攻撃をまともに食らってしまった虎杖。

このエンジンの出力は相当なもので、虎杖もろともビルを2つも貫いてしまう程。

 

が、そんな攻撃をまともに食らっても虎杖はほぼノーダメージ

大抵の奴はこの一撃でミンチになるだけに、ジェットお姉さんも少し困惑してダーリンとの合流を急ぐ事に。

 

一方で虎杖はふっ飛ばされている間にガレキをゲット済み。

そのガレキに呪力を籠めて投げつける事で女性にダメージを与えるのでした。

 

その一撃であっさりと女性を倒したかに思われたものの、そこでやって来たのは女性のダーリン。

関西人っぽい喋りのこのダーリンは、自らの頭部をプロペラへと変形させて空を飛んでいたのでした。

 

女性のジェットエンジンっぽいのに比べると、ただのプロペラだと機動力に差がありそうな気がしますね。

しかしその分肉体派っぽく見えますし、殴り合いの強そうなタイプでもありますが。

 

ってか死滅回游が始まっていきなり現代的な術式持ちの奴らが出てきましたね

呪術上層部の保守派が見たら卒倒するレベルの術式じゃないでしょうか。

 

虎杖を知る人物は誰??

 

ジェット女性にパシリにされていた甘井君。

初心者狩りの手伝いをしつつも戦いの様子を伺っていました。

そんな彼によると、ジェット女性の方の名前が羽生さんでプロペラの方が羽場さんとの事。

名字が違うので実際の夫婦という訳ではないのかな?

 

しかし甘井君はそれよりも虎杖の方が気になっていました。

 

アイツ・・・・どこかで・・・・・

・・・・虎杖!?

 

と、何故か虎杖の事を知っていたようです。

 

これまでに登場したキャラではないはずなので、虎杖の昔の知り合いだったりするのでしょう。

中学時代のクラスメイト辺りでしょうか?

 

伏黒が接触した謎の女術師

 

虎杖がいきなり敵と戦闘になっていた一方、伏黒もいきなり敵との戦いに。

肩を出して露出度がちょっと高めの女性術師から狙われていたものの、割とあっさりと撃退していたようです。

 

痛い痛いと喚く女性をよそに、鵺を使ってはぐれてしまった虎杖を捜索していた伏黒。

しかし鵺の機動力を持ってしても虎杖を見つけられない様子で、少なくとも2キロ以上は離れていると考えます。

 

とはいえ目指す場所はお互い決まっていて、それは日車という術師がいる所。

 

という事で早速伏黒は女性に日車の居場所を問いただすも、女性はなんだか面倒くさいタイプ。

 

男って女は殴ればなんでも言う事聞くと思ってるよね

 

だとか

 

教えてあげてもいいけど私のお願いも聞いて欲しいなぁ

 

だとか

 

私の騎士(ナイト)になって?

 

だとか、絶対に伏黒が苦手なタイプの女子でしょうね。

 

伏黒は全然本気を出していないはずで、女性との実力差は結構ありそうな気がします。

しかしそんな状況でもこれだけ余裕で話せているのだから、かなり強かなタイプなのかなぁと。

 

ちなみにこの女性もまた髪の毛がサソリの尾っぽくなっていて、結界内の術師は髪の毛を変化させるタイプが多かったりするんでしょうか

女性とサソリとなると悪女イメージですし、ちょっと扱いが難しそうなキャラに思えます。

伏黒は振り回されないように立ち回ってますが、基本的には良い奴の伏黒はなんだかんだこいつに手こずりそうな気がしたり。

 

伏黒と虎杖の違い

 

日車がどこにいるかを教える代わりに、女性の騎士になるという条件に乗る事にした伏黒。

その割には女性を思い切り雑に扱い、女性からは騎士というのは命がけで守るものなのだと言われてしまう事に。

が、それに対して伏黒は、お前の言ってる事が本当なら守ってやるけど嘘だったら分かるよなと逆に脅してしまいます。

 

虎杖とは違い、自分は自力で100点を獲ってもいい・・・・と伏黒は考えている様子。

これは伏黒の当初から変わらないスタンスを感じさせる台詞となっていて、彼はあくまでも彼の守りたいものだけを守るだけなんですよね。

正に不平等に人を助ける訳であり、その為になら術師を殺す事もいとわないという辺りが伏黒らしいです。

 

が、伏黒が自分の意志で術師を殺しまくるような展開にはならないでしょうけどね。

なんだかんだ伏黒は優しい所がありますし、そこまで修羅の道を進む事は出来ない気がします。

 

ちなみに今回のラストでこの女性の名前が「麗美(れみ)」である事が明らかに

「呪術廻戦」においては割と可愛い感じのキャラかと思いきや、ラストカットでは思い切り悪そうな顔をしているのでなんとも言えませんね

絶対に裏があるキャラなだけに今後もちょっと注目したいです。

 

呪術廻戦最新話161話ネタバレ感想まとめ

 

始まったと思ったらいきなり激しいバトル満載の展開になった今回の161話

虎杖と伏黒が速攻で離れてしまったのも不穏な感じで、余計に緊迫感が増しているような気がします。

 

シンプルなバトルに関しては全く心配しなくても良さそうな虎杖。

駆け引きなんかはめちゃめちゃ強いはずだけど、ちょっと熱くなりすぎているのが不安でもある伏黒

 

お互いの元に新キャラが登場となりましたし、色々と面白い展開が続いてくれそうですね。

 

・・・・・って次回は久しぶりの休載(泣)

まぁ映画公開も近くなってきましたし、芥見先生の作業量も多そうなので仕方ないですよね。

多分映画公開に合わせて12月にも単行本出しそうな気がしますし。

 

とりあえず今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話162話感想考察!嘘をついているのは麗美と甘井のどっち!?

 

呪術廻戦最新話160話感想考察!羂索に導かれてまさかのキャラも死滅回游に参加!

 

呪術廻戦最新話159話感想考察!日車の弁護士としての戦い!報われない結末が悲しすぎる!

 

呪術廻戦最新話158話感想考察!遂に始まる死滅回游!新キャラの鹿紫雲の強キャラ感が凄い!