呪術廻戦最新話162話感想考察!嘘をついているのは麗美と甘井のどっち!?

呪術廻戦最新話162話感想考察!嘘をついているのは麗美と甘井のどっち!?

呪術廻戦最新話162話ネタバレ感想!

 

本格的に死滅回游が始まっていた前回の161話。

やっぱり「呪術廻戦」の魅力って躍動感のあるバトルだよなぁと感じる回でしたね。

 

そして今回の162話でも迫力のあるバトルが描かれていて、それでいて「呪術廻戦」らしい駆け引き要素なんかもあったり。

こういうなんだか嫌な雰囲気が漂っているのが「呪術廻戦」なんだよなぁと思ってしまいました。

 

気になる部分をまとめてみたいと思います!

 

前回の161話はこちら→呪術廻戦最新話161話感想考察!遂に始まる死滅回游で濃ゆい新キャラ続々登場!

 

 

呪術廻戦最新話162話「東京第1結界②」

 

虎杖と羽場の躍動感たっぷりのバトル

 

今回は前回登場してきた頭がプロペラになっている羽場と虎杖の戦いから。

相方っぽいジェット機術式の「羽生」も中々のビジュアルでしたが、やはり羽場の頭がプロペラという姿は非常にインパクトがありますよね。

 

そんなツッコミしかないビジュアルの羽場に対して、羽生を仕留めたのと同じ投擲攻撃を仕掛けた虎杖。

当然それをプロペラで防ぐ羽場でしたが、虎杖は僅かに生まれたその隙をついて接近。

 

飛んでいる羽場の足を掴むとそのままビルの壁に思い切り叩きつける事に

一歩間違えたら自分がそのまま落下してしまうようなやり方なだけに、羽場も虎杖の身体能力には驚かされるのでした。

 

とはいえやっぱり見た目通りタフなのか、ほとんど無傷の羽場はそれでも構わずプロペラで反撃。

しかし反撃されると虎杖は一転して羽場から距離を取る事に

 

飛べる術式持ちという事で、常に上を取られるのは虎杖としても厄介な所。

しかし今の攻防で虎杖は敵の攻撃手段がプロペラのみと判断して屋内で迎え撃つのでした。

 

とはいえ羽場としても室内に逃げ込まれただけでプロペラを封じられたという訳ではなく、長さや角度を調整し、回転数と強度を上げる事で横向きになって虎杖へと襲いかかる事に。

ミキサーの刃のようになって襲い来るプロペラは鉄筋すらも断つ威力。

 

一見すると追い詰められたような状況の虎杖。

しかし頭頂部をこちらに向けてくれるのは虎杖の狙い通りの展開でした。

 

ジェット機術式の羽生は高い攻撃力を持ちながらも、呪力を込めた軽い投擲一発で撃破出来てしまった。

その事から二人の術式は、術式の基軸となっている頭髪から離れる程強度が落ちるのだろうと虎杖は見抜いていました。

 

しかしその上で、どれだけ堅くても頭は頭であり急所だと判断。

攻撃さえ届けばカチ割れるだろうと、虎杖は拳一つでプロペラを迎え撃つ事に

 

虎杖の拳と羽場のプロペラは思い切りぶつかり合い、羽場の頭からは血が流れるも虎杖の拳からも血が流れてしまっていました。

 

それだけにフラフラになりつつも、この勝負は虎杖の負けだと叫ぶ羽場。

しかしまだまだ余裕な虎杖は当然のように蹴りで追撃してフィニッシュ

拳からも出血はしたものの、別に砕けてはいないとつぶやくのでした。

 

やっぱり「呪術廻戦」のって、フィールドを広く使ってのバトルが面白いですよね。

特に近代的な建物をぶっ壊してのバトルだとか、あえて狭い場所での攻防なんかが魅力的な気がします。

 

西中の虎時代の虎杖

 

という事で、結局はあっさりと初心者狩りの二人を片付けてしまった虎杖。

気絶させてしまったので日車の話を聞けないと戸惑う中で登場してきたのが、二人にパシられていた甘井青年

どうやら日車の事を知っているようで、虎杖に対して割と親しげに「久しぶり」と語りかけてくるのでした。

 

読者としても彼が虎杖とどういう関係なのかは気になる所でしたが、残念ながら虎杖も特に覚えてはおらず

割と顔は覚えるタイプの虎杖としては、自分が知り合いを覚えていないという事にちょっぴりショックを受ける事に。

 

が、甘井青年の方としても、虎杖の事は一方的に知っているだけ。

虎杖は「西中の虎」として有名だったから知っていた・・・・という事だったようです。

 

その言葉で虎杖は、甘井青年が同じ地元の方だと気付き、それと同時に「西中の虎」がなんてダサい異名なのかと恥ずかしがるのでした。

 

ここで「西中の虎」に対して自称じゃないよ・・・と言い訳してる辺りがちょっと可愛いですね。

 

過去の術師と現代の術師

 

虎杖が地元民と出会っていたその頃、伏黒は出会ったばかりの「麗美」が過去の術師ではなかった事を知らされていました。

積極的に死滅回游で戦っているのは過去の術師だと伏黒は考えていただけに、現代の術師がいきなり積極的に自分を狙ってきた事はちょっと驚きだったようです。

 

それだけに積極的に戦う理由を問いかけるも、麗美からすれば別におかしくもない様子。

 

死滅回游に選ばれた参加者の中で、元々一般人だった人は結界から出る事が出来た

しかしその一方で最初から結界の中にいた泳者は死滅回游に参加して既に12日目

麗美としてもやりたくてやっている訳ではなく、殺らなければ殺られるからやっているだけ

 

戦う理由を探しているような余裕もなく、そうやって戦っている過程で力に溺れてしまう奴もいる

それだけに麗美は、過去や現代で考えるのは止めた方が良いと忠告するのでした。

 

読者視点だと日車という現代のヤバい奴がいるのが分かっている訳ですが、伏黒としては現代人がいきなり巻き込まれて積極的に戦っているなんて信じたくもなかったのでしょう。

過去の術師に触発される形で現代の術師も戦闘モードに入っているとなると、なんだか羂索の思う通りに死滅回游が活性化してしまっている気がしますね。

 

嘘をついているのはどっち??

 

伏黒をどこかへ案内していく麗美。

しかし伏黒としてはどこに向かっているのかを早く知りたい所

 

とはいえ麗美の方としても、目的地を言ってしまったら伏黒が自分を殺さないという保証はない状態。

伏黒は着く前に麗美が死んだらどうするんだと死んだ目でつぶやくも、だからアンタが守るんだと麗美も叫ぶのでした。

 

一方で一応仲間だった二人と離れて行動している甘井を心配していた虎杖。

しかし甘井としても自分がパシリであるという自覚があり、その内殺されていただろうと思っていただけにこれは丁度良い機会。

フルネームは「甘井凛」というようで、虎杖は日車の居場所を改めて尋ねる事に。

 

強い奴ほど栄えていた場所に集まるようで、その理由は物資が豊富だから。

 

麗美と甘井は同じタイミングで

 

日車は「新宿」「池袋」にいる

 

と、それぞれ違う場所を口にするのでした。

 

麗美が嘘をつきそうなタイプというのは前回の初登場の場面だけでも分かっていました。

しかし純粋そうな青年かと思われた甘井の方もここではかなり怪しげに描かれていて、麗美と甘井のどっちが嘘をついているのかわかりませんね。

 

正直虎杖が中学時代の自分を知る人物に騙された方がダメージは大きそうです。

虎杖も伏黒もお互いが言われた場所に向かっているといいなぁと思っていて、それだけに当分合流出来なそうなのがお辛い状態ですよね。

 

怪しげな「不退転」男

 

虎杖と伏黒がそれぞれ池袋と新宿へと向かう中、ちょっと遅くないと文句を言っていたのは半裸姿の謎の男。

なにやらレシートの束のようなものを集めている彼は、「あの子」がいつになったら次のカモを連れてきてくれるのかなと一人つぶやくのでした。

 

髪は長めの金髪?で、片腕には大きく「不退転」という文字が彫られているこの謎の男

レシートが大量にある事や、「次のカモ」といういかにも詐欺っぽいワードを使っているのが気になる所ですよね。

 

「あの子」とは麗美なのか、それとも甘井なのかも注目です。

まぁ今の所はそんなに強そうにも思えませんが、何となく厄介そうな術式持ちのイメージはありますね。

 

呪術廻戦最新話162話ネタバレ感想まとめ

 

虎杖とプロペラ男羽場の戦いが描かれた今回。

短い中にも虎杖の強みが十分描かれていた気がしますよね。

 

そして戦いの後では虎杖と伏黒にとって、とりあえずのパートナーとなりそうな甘井と麗美の胡散臭い部分も

どちらも相当怪しいですし、どちらも嘘をついている可能性も高そうです。

 

少なくとも彼らの情報によって虎杖と伏黒はしばらく合流出来なさそうですし、死滅回游での戦いを早速かき乱してくれましたね。

ラストの怪しい男を含めて次の展開に期待しましょう!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話163話感想考察!嘘つきは麗美!虎杖は日車と得点を賭けたバトルへ!

 

呪術廻戦最新話161話感想考察!遂に始まる死滅回游で濃ゆい新キャラ続々登場!

 

呪術廻戦最新話160話感想考察!羂索に導かれてまさかのキャラも死滅回游に参加!