怪獣8号最新話48話ネタバレ感想考察!鳴海の未来視で完全勝利も功に死亡フラグが!?

怪獣8号最新話48話ネタバレ感想考察!鳴海の未来視で完全勝利も功に死亡フラグが!?

怪獣8号最新話48話ネタバレ感想考察!

 

防衛隊第1部隊の隊長であり、防衛隊最強の男である鳴海の格好良すぎる姿が描かれた前回の47話

カラーページを使っての演出がめちゃめちゃ素晴らしかった訳ですが、今回はその能力の部分も明らかに。

 

それによって一気に品川討伐作戦も終了へと向かい万事解決・・・と思いきや、ここからまた不穏な展開に進んできてしまいました。

熱くて感動的な所から一気に落としてくる感じが漫画として上手かったですね。

 

気になる所をまとめてみたいと思います。

 

前回の47話はこちら→怪獣8号最新話47話ネタバレ感想考察!カラーページで描かれた鳴海の本気が格好良すぎる!!

 

怪獣8号最新話48話ネタバレ感想

 

怪獣1号の能力は「未来視」

 

前回鳴海が持っていた怪獣の力が日本最古の識別怪獣である怪獣1号のものである事が明らかになりました。

しかも怪獣の網膜から作られたという事で、やっぱり今の時代は最強の眼を持つキャラが強キャラなのかなぁという印象でしたよね。

 

そして鳴海の持つ怪獣の力の正体とは「未来視」

 

鳴海は速度を上げないまま怪獣9号へと的確に攻撃していき、まるで怪獣9号の動く先を知っているかのよう。

生物の運動時に脳から発せられる信号を視覚化し、本人が動くよりも先にそれを察知する・・・という能力だそうです。

 

怪獣だった頃には、回避不能の攻撃を放つ恐るべき怪獣だと記されていたとの事。

怪獣1号がどういう怪獣で、どうやって倒したのかという所も気になる所ですよね。

 

怪獣9号が発する信号が必ず経由する一点こそが弱点となる「核」

それを見破った鳴海は、怪獣9号が学習するよりも早くトドメの一撃となる「隊式銃剣術2式 斬幕砲火」を繰り出すのでした。

 

まあバトル漫画で未来視の力というのは強キャラにのみ持つことが許される力というイメージですよね。

「呪術廻戦」の五条悟のような無敵っぽさはないですが、攻防共に使えるバランスの良い能力だなぁと思えます。

 

四ノ宮功が思い描いた最強の部隊

 

カフカと鳴海が分裂していた怪獣9号をそれぞれ撃破

それによって蘇生していた余獣の反応も次々と消失していく事に。

 

現場でも本部でも勝利に湧き上がる中、気を引き締めるべく声をかけようとして四ノ宮功。

しかし彼が言葉を発するよりも早く、キコルが仲間達に声をかけます。

 

まだよ!!まだ余獣が残ってる!!

引き続き殲滅行動に移行します!!

 

実の娘のそんな言葉に驚かされる功。

若い世代が自らの想像を超えていく事に嬉しそうな表情を浮かべるのでした。

 

大量の蟻型怪獣が出現し、実質識別怪獣が2体出現したようなもの。

しかしそれにも関わらず防衛ラインを突破された箇所は2箇所のみ。

小さな被害しか出さずに全ての余獣を片付けた事には副隊長の長谷川も驚かされていました。

 

これが四ノ宮長官の思い描く最強の部隊なのかと

 

この場面では完全に第1部隊のエースがカフカと鳴海だという描かれ方をしているのも熱いですね。

 

キコルと功の関係も改善へ?

 

怪獣9号との激闘を終えて人間の姿へと戻ったカフカ。

自分の事をひたすらアシストしてくれていたキコルとは無言でグータッチをする事に

その様子を功がちょっとデレた感じで見つめているのもグッときます。

 

しかもその上で功は、今回の戦いで特に奮闘した3人に声をかけます。

 

鳴海、「日比野」、それからキコル

よくやった

 

隊員をねぎらうこの言葉にはキコルも驚かされてしまいます。

思わずカフカの方を向いてその言葉の意味を確認してしまう程。

 

カフカのグーサインで自分が父親である功に褒めてもらえたのだと実感し、キコルは目に涙を浮かべて喜ぶのでした。

ここまでずっと格好良い姿を見せてくれたというのに、ここでは年相応の可愛い女の子という感じの姿を見せてくれるのがキコルの魅力ですよね。

 

最初は思い切り悪い父親として描かれていた功でしたが、割とデレるのも早かったですね。

カフカとの戦闘の時点で既にそんなに厳しい人ではないんだろうなぁと思わせてはいましたが、娘がここまで成長を見せた事で安心してしまったのかもしれません。

まぁキコルの過去の描写的には無理をして頑張ってる感じの人でしょうし、元々は優しい人だったんでしょうね。

 

怪獣9号のもう一つの目的

 

キコルと功の問題も良い感じにまとまりつつある中、一人素直に喜べずにいたのが鳴海。

鳴海は怪獣9号の発言の意味を気にしていました。

 

君を殺シて強大な怪獣の力をもらう

 

殺すという意味は分かっても、後半の「怪獣の力をもらう」の部分がハッキリしない状態

奴の目的は本当に怪獣8号を殺す事だったのか、それとも他に目的があったのか?

 

そんな事を考えている中、突如として響いてきたのは怪獣反応のアラーム。

 

一気に警戒モードに入る一同を前に、消えつつあった怪獣9号は最期の言葉を残していきます。

 

怪獣8号を殺す事は叶わなかった

だがもう一つの目的は果たさせてもらう

強大な怪獣の力はいただいていくよ

 

そう言いながら消えていく怪獣9号の言葉の意味がわからないカフカ。

しかし次の瞬間、本部にいる四ノ宮功の背後にもう一体の怪獣9号が姿を現すのでした

 

見つけタぞ・・・適合者と怪獣2号

 

という事で、ここで四ノ宮功が狙われるという展開になってしまいました。

当然ながら怪獣9号はカフカの持つ怪獣8号の力を狙っていただけに、功の持つ怪獣2号の力が狙われるというのは予想外でしたね

 

この感じだと本部も大変な事になってしまいそうですし、色々と悲惨な展開が予想出来ます。

人類最強とまで呼ばれていた功であれば怪獣9号も撃退出来そうなものではあるのですが、功はカフカとの戦闘でかなり限界が近い状態になっていたんですよね。

これ以上力を使うのはマズイという状況だったはず。

 

それだけに非常に嫌~な展開が予想出来てしまいます。

なんならその為のキコルと功の和解だったと考えられますしね・・。

 

怪獣8号最新話48話ネタバレ感想まとめ

 

という事で、カフカに続いて鳴海が怪獣9号を圧倒。

それによって無事完全勝利・・・・という展開かと思いきや、一気に不穏な展開になってしまいました

 

このままだと怪獣9号が何も出来ずに終わってしまいますので、当然この流れだと怪獣9号にも収穫がある展開のはず

しかしそうなると功が力を奪われてしまいそうですし、そうなると非常に辛い展開が待ってそうですよね。

 

完全に功に死亡フラグが立ってしまってそうなだけに、ここからどうなっていくのか注目ですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

怪獣8号最新話49話ネタバレ感想考察!追い詰められた四ノ宮功の覚悟と戦い!

 

怪獣8号最新話47話ネタバレ感想考察!カラーページで描かれた鳴海の本気が格好良すぎる!!

 

怪獣8号最新話46話ネタバレ感想考察!覚醒したカフカの強さが圧倒的過ぎる!!

 

怪獣8号最新話45話ネタバレ感想考察!キコルの強い覚悟と叱責で遂にカフカが怪獣8号へ!