呪術廻戦最新話164話感想考察!日車の領域展開!呪力を奪われた虎杖に勝ち目はあるのか!?

呪術廻戦最新話164話感想考察!日車の領域展開!呪力を奪われた虎杖に勝ち目はあるのか!?

呪術廻戦最新話164話ネタバレ感想!

 

劇場版「呪術廻戦0」の公開も迫ってきている「呪術廻戦」

 

 

 

本誌の方では死滅回游での戦いが本格化してきていますね!

虎杖と日車が遂に出会ってしまったという事で、どんな戦いになっていくのか大注目になっていました。

 

今回の164話では二人の戦いがメインとなっていましたが、日車の術式は想像していた通りのタイプでしたね。

それでいて領域展開という超必殺技の扱い方についても言及されていて、今後がより楽しみになってくるような回でもありました。

 

気になる所をまとめてみたいと思います!

 

前回の163話の感想はこちら→呪術廻戦最新話163話感想考察!嘘つきは麗美!虎杖は日車と得点を賭けたバトルへ!

 

呪術廻戦最新話164話「東京第1結界④」

 

戦闘開始直後の領域展開!!!

 

前回意外なくらい相性の良さを感じさせていた虎杖と日車。

しかしそれでも虎杖の交渉は日車には届かず、一触即発の状況となってしまっていました。

 

日車は背後に式神らしきものを呼び出した事で、虎杖としてもうかつには仕掛けられない状態に。

既に日車は100点を保持していて、術師を20人殺している可能性がある以上慎重にならざるを得ない訳ですね。

 

後手に回ったとしてもどんな攻撃でも対応する。

そんな考えの元で構えていた虎杖でしたが、日車は開幕直後に早速領域展開を発動してきます。

 

その領域展開の名前は「誅伏賜死(ちゅうぶくしし)」

 

そもそもこれまで領域展開を使える相手は限られていただけに、突然の領域展開には驚かされてしまいました。

しかしその一方で虎杖は全く動揺せずに日車へと攻撃を仕掛けていて、予想外の事態にも動じない精神の強さを感じさせてくれました。

 

まぁ当然その攻撃は当たらなかった訳ですが。

 

虎杖とパチンコ問題

 

日車に攻撃を仕掛けたもののその攻撃は届かず。

どうやら日車が発動した領域内では「あらゆる暴力行為が禁止されている」との事。

とはいえ「お互いに」という条件付きであり、日車からも攻撃出来ないというのが特徴ですね。

 

そんな状態になった虎杖に対して、日車の式神らしい「ジャッジマン」が問いかけてきます。

 

虎杖悠仁は18歳未満にも関わらず2017年に宮城県仙台市のパチンコ店に客として入店した疑いがある・・・と。

 

その言葉に虎杖は心当たりがあったのか動揺してしまいます。

小沢さん回でもパチンコに行っていた感じの虎杖でしたが、どうやらその1年以上前からパチンコに通っていたようですね。

少年誌なのに大丈夫なんかと心配になりますが、まぁ虎杖の場合は今更という感じでしょうか。

 

どうやらジャッジマンは領域内の者の全ての情報を知っている様子。

とはいえその情報は日車自身には共有されないようで、判決は二人の主張とジャッジマンに提出された証拠によって決まっていくとの事。

 

その証拠も必ず疑いを確定させるというものではなく、内容も虎杖は教えて貰えない状態。

その上で虎杖は自らの疑いを晴らし、ジャッジマンから無罪を勝ち取らなければならなくなったのでした。

 

と言うことで、日車の領域展開は強制的に相手を裁判にかける事が出来る・・・・というものだったようですね。

相手が冒した罪に対しての裁判を開き、それが有罪か無罪かを確定させ、有罪になったらなにかペナルティが与えられるという感じでしょうか。

 

この時点で既に今までの領域展開とは印象が違うんですよね。

 

領域展開の扱い方が今後は変わる!?

 

強制的に裁判にかけられてしまった虎杖が思い出していたのは天元様が言っていた言葉でした。

 

天元様曰く、領域とは昔の術師にとっては今よりもずっとスタンダードな技術だったのだそう。

そしてその理由として、現在の領域に多い「必中必殺」の「必殺」の部分が省かれていたから

 

昔の領域展開の性能は「領域内の対象に自身の術式を強制必中させる」というもの。

しかし現在はそれに「必殺」が加わってしまい、それによって領域は高度な技術となり使い手も減少した・・・という事のようです。

 

日車の場合は、必殺ではなく物理的な危害を加えない事、そしてルールを説明するという縛りによって成り立っている訳です。

これまでは領域展開を発動されたらその時点でゲームオーバーな感じでしたが、日車の領域展開の場合は「敵に有利な状況で攻撃を食らう」程度のイメージだと言えそうですね。

 

正直これまで、領域展開は強すぎて(特に五条の領域や真人の領域)漫画的にも使いづらい印象でした。

しかしこうやって条件が緩められると、今までよりもかなり使いやすくなった気がしますよね

出された時点で負けとはなりませんし、それなりに対応策もありそうだけど食らったら厄介・・・というバランスになりそうですし。

 

 

日車による裁判の結末は?

 

で、肝心の虎杖の裁判に関してのやり取りは、やっぱり何となく「HUNTER×HUNTER」っぽい印象でしたね。

 

日車の裁判では、虎杖が「黙秘」「自白」「否認」のどれかを選択

それに対して日車が証拠を踏まえた上で反論し、その上でジャッジマンが六法に従って判決を下す・・・という流れ。

 

ジャッジマンは全ての真実を知っているはずですが、虎杖は嘘をついても構わないというのが面白い所

みんなが真実を述べるのなら裁判など必要ないというのが日車の考えのようで、その辺りは妙に現実的な考えのままなんですよね。

まぁ強制的に相手を有罪にするというのはフェアじゃないというか、その辺りでバランスを取っているのかもしれませんが。

 

虎杖は実際にパチ屋に行っている訳で、無罪を主張するには嘘をつくのが必須。

その上で考えるべきなのは日車が持っている証拠

 

その証拠がパチ屋への入店を裏付けられないものであるのなら「黙秘」か「否認」でOK

証拠が入店を裏付けるものなら「トイレを借りた」などの酌量の余地がある言い訳にかけたい所・・・ながらも、証拠が入店を裏付けるものでなかった場合は逆に墓穴を掘る事にもなってしまう。

証拠が入店及び遊戯を裏付けるものだった場合は詰みであり、その場合は自白して罪が軽くなる事にかけるべきか?

 

などなど、色々なパターンを考えた上で虎杖が出したのは「入店したけどトイレを借りただけ」という答え

証拠が入店及び遊戯を裏付けるものだった場合はどうしようもないだけに、この選択が一番ダメージが少ないのでは・・・と考えての結論ですね。

 

が、日車が持っていた証拠は、虎杖がパチ屋付近の換金所の防犯カメラに映った写真

当然これは虎杖が遊戯をしていたことの証拠であり、トイレを借りるという話も嘘だと判明してしまうもの

 

これによって虎杖は「建造物侵入罪」の罪に問われてしまう事に。

 

問われていたのはあくまでもパチ屋への入店のみだった訳で、虎杖が取るべきだったのは「そんな店知らない」的な否認一択だったようです。

 

「HUNTER×HUNTER」だったらこういう局面で主人公達は上手いこと乗り切ってしまうイメージがあるのですが、虎杖にはちょっと厳しかったですね。

まぁそれでも十分すぎるくらいに考えて行動はしていた気もしますが。

 

下された判決で奪われたもの

 

嘘もバレてしまった事で、当然ながら虎杖は有罪に。

そして出された判決は「没収(コンフィスケイション)」というもの。

 

その判決と共に虎杖は元の空間へ。

特に変化がないと感じていた虎杖に対して、日車は木槌を投げつけて攻撃。

その瞬間に虎杖は自らの肉体の変化に気づきます。

日車は驚いた様子の虎杖に更に接近し、今度は手元に巨大化させた木槌を出現させて虎杖を殴りつける事に

 

日車は木槌を自在に出したり消したり、大きさも変えられたりする模様

しかしそれ以上に虎杖は、自分自身が呪力が練れない状態になっている事に戸惑うのでした。

 

ということで、判決の結果として「没収」されたのは虎杖自身の呪力だったようです。

虎杖は木槌での攻撃を食らってもそこまでダメージを受けていませんでしたが、他の術師が呪力を奪われていたらこの一発で終わっていた可能性が高いでしょうね。

 

強制的に裁判にかけ、その結果として呪力を奪えるのだとすれば日車の領域展開は相当強い気がします。

そもそも裁判が開かれた時点で有罪はほぼ確定している事っぽいですし、高確率で相手を弱体化させられますからね

 

「没収」の他にどんな判決があるのかも気になる所ですし、虎杖の渋谷での大量殺人の件が裁判になったらどうなるんだろうという不安も感じさせる展開でした。

 

呪術廻戦最新話164話ネタバレ感想まとめ

 

日車の術式・・・というか領域展開の効果が判明した今回。

領域展開の可能性を広げるような回になっていましたし、今後の敵キャラはみんな領域展開を使ってきそうな気がしますね。

 

裁判パートに関してはかなり「HUNTER×HUNTER」っぽい頭を使う展開でした。

しかし裁く立場の日車との会話は中々面白く、どうするのが正しい選択だったのかがわかりやすく描かれていたのも面白かったですね。

 

呪力を奪われてしまう・・・・というのは術師にとっては大ピンチすぎる状況

しかし虎杖は呪力なしでも圧倒的に肉体が強いキャラであり、このままでもそれなりに戦える可能性はあります

 

果たしてこの戦いがどういう結末を迎えるのか注目ですね。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話165話感想考察!裁判やり直しで渋谷での虎杖の罪はどうなる!?

 

呪術廻戦最新話163話感想考察!嘘つきは麗美!虎杖は日車と得点を賭けたバトルへ!

 

呪術廻戦最新話162話感想考察!嘘をついているのは麗美と甘井のどっち!?