呪術廻戦最新話166話感想考察!虎杖の罪に日車が出した答え!日車が良いキャラ過ぎて辛い

呪術廻戦最新話166話感想考察!虎杖の罪に日車が出した答え!日車が良いキャラ過ぎて辛い

呪術廻戦最新話166話ネタバレ感想!

 

虎杖と日車の戦いが本格化していた前回の165話。

裁判の術式という事もあってある意味最悪の展開を迎えてしまっていましたね。

 

その上でどうなっていくのかが非常に気になっていた今回の166話。

やはり虎杖がどうこうという問題ではなく日車がどう動くかという部分が問題になっていました。

アクションシーンも素晴らしくて個人的にはここ最近の中では圧倒的に好きな回となりましたね。

 

気になる所をまとめてみたいと思います!

 

前回の165話の感想はこちら→呪術廻戦最新話165話感想考察!裁判やり直しで渋谷での虎杖の罪はどうなる!?

 

呪術廻戦最新話166話「東京第1結界⑥」

 

日車に与えられた裁判官への道

 

今回の冒頭では司法修習生時代の日車の様子が描かれることに。

 

当然ながらこの頃から優秀過ぎるくらいに優秀だった日車

そんな日車に語りかけていたのは「吉沢さん」という方。

 

彼は検察官か弁護士を志望していた日車に対して裁判官を目指してみないか・・・と提案するのでした。

 

弁護士が被告を助ける側で、検察官が被告の罪を立証する側、そして裁判官は公平に被告の罪を裁く側。

同じ勉強をしている所から全く違う立場へと進んでいくんだから複雑というか不思議な気もしますよね。

 

日車はこの提案を断る訳ですが、その理由は「出世に興味のない自分には向いていない」と感じていたから。

やっぱり裁判官としての未来よりも、司法の力で誰かを救いたいという思いが強かったのでしょうね。

 

人の弱さと醜さを認めていて、それでいてその弱さや醜さ、他の生物にない穢れこそが「尊ぶべきもの」だと感じていた日車。

そんな思いが、あの事件の瞬間に日車の中で崩れ落ちてしまったのでしょう。

 

・・・この辺りはもうひたすらに悲しいです。

 

死刑によって日車に与えられた武器

 

渋谷での罪を認めた虎杖。

そんな虎杖に科せられた罰は「死刑」

それによって日車には「処刑人の剣」が与えられていました。

 

その「処刑人の剣」で斬られた者は「例外なく必ず死に至る」との事。

流石に強制的に死刑になる訳ではないものの、一発当たれば確実に相手を殺せる武器を手にするという能力は強すぎますよね。

 

そんな強大な武器を手にした日車。

しかしそんな武器を手にした日車の表情はかなり複雑なものになっていました。

 

人の心に寄り添う事は、人の弱さを理解するという事。

しかしそれによって被害者の弱さと加害者の弱さをひたすらに感じ続ける日々となり、それが日車を苦しめ続けていたようです。

それ故に日車は虎杖に対して強い言葉を使って叫ぶのですが、このワードがまた非常に「呪術廻戦」らしくて好きでした。

 

「呪術廻戦」の0巻最終話では「眩しい闇」というサブタイトルが使われていましたが、なんとなくそれと通ずる内容だったなぁと思ったり。

 

椅子と上着を使ってのバトルの躍動感

 

一撃必殺の武器を持った日車に対して、辺りにあった大量の椅子を投げつけて撹乱する虎杖。

ここでの躍動感のあるバトルが非常に素晴らしかったです!

 

  • 椅子で自らの姿を隠し、脱ぎ捨てた上着をカモフラージュにして日車に接近。
  • 日車が虎杖本体を発見すると、目くらましするべく今度はシャツを投げつける虎杖。
  • 視界を奪った所で水面蹴りで日車の足を狙うも、それを読み切っていた日車は小ジャンプで回避。
  • 虎杖の拳が速いか、それとも日車の剣が速いかの勝負・・・・。

 

と、セリフのないままバトルシーンが4ページに渡って続くのですが、この辺りが最高に「呪術廻戦」っぽいなぁと感じました。

重みのあるバトルシーンが「呪術廻戦」の売りの一つだと個人的に思っているのですが、今回はその中でもかなり良いシーンだったんじゃないかなぁと。

 

虎杖の罪の行方

 

両者の拳と剣が交錯する中、複雑な想いを抱えたままだった日車。

 

どうやらジャッジマンから提出された証拠の情報は開封前から術師本人に共有されていたとの事。

つまり日車は既に証拠の内容を知っていて、その証拠によって虎杖の中にいる「宿儺」の存在も知っていたのでした。

 

「宿儺」の存在が示しているのは「虎杖が殺していない」という事実

しかしだからこそ日車は、虎杖が罪を認めた事に「何故」という気持ちを抑えきれずにいました。

 

そして結局自らの意志によってなのか「処刑人の剣」を消してしまった日車。

虎杖のパンチを思い切り食らってしまうも、そこで虎杖が無罪である理由を並べ立てます

 

渋谷での虎杖は少なに肉体を乗っ取られていて制御能力がなかった状態。

自発的に制御能力を放棄した訳でもなく無罪なのだと

 

しかしそれに対しても虎杖は

 

俺のせいだ 俺が弱いせいだ

 

と返すのでした。

 

最終的に日車が虎杖を救うという展開は予想できていましたが、演出的にも日車の葛藤が感じられて非常に素晴らしかったですね。

どこまでも日車の抑えきれない善の部分が溢れ出ていた展開とも言えそうですが。

 

二人の中にあった弱さ

 

虎杖に殴られたものの非常にスッキリとした表情になっていた日車。

術式を解いた理由を問われると、初心に還ったと答えることに

 

日車の心を壊したあの裁判で失った気持ちを取り戻したという感じなのでしょうね。

虎杖のように強いけれど弱さを抱えている人間を見た事が日車の心を動かした

そう考えるとこの出会いも運命だったんだろうなぁと感じます。

 

その上で自らの100点をやると言い出した日車。

虎杖を座らせると、自分の意志で人を殺めた事があるかと問いかけます。

 

それに対してやはり正直に「あるよ」と答えた虎杖。

日車はそんな虎杖に対して、最悪の気分だったろう・・・と語りかけるのでした。

 

この場面では日車があの運命の裁判の際に二人殴り殺していた事がわかります

日車の得点は102点だったので、2点分は彼らによるものだったようです。

イマイチ誰と誰を殺したのかは良くわかりませんが、スーツを着ている事から判決を下した裁判官と検察官辺りでしょうか。

 

虎杖に対して最初は「思っていたよりも気持ち良い」みたいな事を言ってましたが、あれもまた日車の精一杯の強がりだったのでしょう。

まぁあれだけ優しくて真っ当だった日車が、急に力を手に入れて悪の道に染まるなんてあるはずもありませんしね

 

どうしたって苦しすぎる展開ですが、ラストページの煽り文がちょっとだけ救いになっています。

 

「その弱さこそ闇照らす灯」

 

これが虎杖にとっても日車にとってもちょっとだけ救いになっているような気持ちにさせてくれます

編集さん良い仕事してますよね。

 

呪術廻戦最新話166話ネタバレ感想まとめ

 

という事で、やっぱり非常にお辛い展開になった今回の166話。

しかしその中で日車の高潔な精神性を感じさせるような展開になっていて、アクションシーンや演出の良さもあって素晴らしすぎる1話となりました

 

日車が虎杖を赦す展開というのは嬉しい所なのですが、それによって日車が自らが犯した罪と向き合うことにもなってくるんです。

そうなると高潔な魂を持った日車としては非常に生きづらい状況にもなってくるはず

最悪の場面を思い出した彼の表情は非常に弱々しくなっていますし、この後すぐに死んでしまってもおかしくないよなぁと思ってしまったり。

 

日車は頭の良い大人キャラですし、虎杖や伏黒を導いてくれそうなキャラでもあるんですよね。

それだけになんとか仲間に加わってくれるような展開を期待したいですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話165話感想考察!裁判やり直しで渋谷での虎杖の罪はどうなる!?

 

呪術廻戦最新話164話感想考察!日車の領域展開!呪力を奪われた虎杖に勝ち目はあるのか!?